福岡の企業の労働問題は使用者側専門の弁護士にご相談ください

  • HOME »
  • 福岡の企業の労働問題は使用者側専門の弁護士にご相談ください

労働問題

労働問題についてこのようなお悩みをお持ちの方へ

  • 「雇用契約書や就業規則を作成するときのポイントがわからない」
  • 「社内でのパワハラやセクハラにどう対応すればいいかわからない」
  • 「メンタル不調を抱えている従業員がいる」
  • 「業績が極端に悪い社員を解雇したい」
  • 「長時間労働がなくならない」
  • 「無期転換ルールなど、新しい制度に対応できていない」

解決方法をご提案します

大きなトラブルに発展する前に、弁護士にご相談ください。

貴社にとってベストな解決方法をご提案いたします!

人材は最も重要な経営資源です

人材

企業が有する経営資源としては、「ヒト・モノ・カネ・情報」などがあります。

それらの中でも「ヒト」は最も重要な資源です。

同時に企業経営の大きな課題でもあり、企業活動において人事や労務の問題は避けては通れません。

事実、労働問題で頭を悩ませている中小企業の経営者は少なくありません。

労働問題はどのように解決するべき?

弁護士

人事や労務の問題は、適切に対処しなければ大きな問題に発展してしまうこともあります。

たとえば、従業員の過労死について企業の安全配慮義務違反が認定された裁判例の中には、企業側に億単位の損害賠償が認定されたものもあります。

このように、労働問題はときに企業の存続にも影響を及ぼしかねません

企業経営を揺るがすような大きなトラブルに発展する前に、労働問題と法律の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします

このページでは、企業が抱える労働問題を解決するために弁護士がどのようにお力になれるか、ご説明いたします。

労働問題を弁護士に依頼する5つのメリット

メリット1 雇用契約書や就業規則等の作成のサポートを受けられる

雇用契約書

労働問題が発生したとき、最初に問題となるのが、雇用契約書や就業規則の規定されている内容です。

現在は、インターネット上で雇用契約書や就業規則のひな形を気軽にダウンロードすることができます。

しかし、このようなひな形は、企業の実態にそぐわないものや、法改正に対応していないものが多く、そのまま使用すれば後になって問題になりかねません。


メリット2 法改正や最新の判例に対応できる

裁判所

労働法は法改正の多い分野です。

最近のものに限っても、マイナンバー制度やストレスチェック制度の導入、育児休業と介護休業について関する育児介護休業法の改正、障害者の法定雇用率を上げる障害者雇用促進法の改正、無期転換ルールの開始など、企業が対応を迫られる法改正がありました。

そして今後、無期転換ルール政府が推進する「働き方改革」に関わる様々な法改正が予定されています。

法改正に限らず、裁判所で重要な判例が出されたときにも、社内において対応が必要となる場合があります。

法改正や最新の判例にどう対応をするべきなのか、不安を抱えていらっしゃる経営者や人事担当者は少なくないのではないでしょうか。

弁護士は重要な法改正や判例を常にフォローしています。

どのような対応が必要なのか、個別のケースに応じたアドバイスを差し上げることが可能です

メリット3 トラブルを未然に防ぐことができる

面接

労務トラブルは突然発生します

何の前触れもなく、複数の元従業員の数百万円にも及ぶ未払い残業代を請求する弁護士名義の内容証明郵便が届いた、というケースも珍しくありません。

このようなときに対応を怠れば、多額の未払い賃金の支払い義務を負うばかりか、「ブラック企業」のレッテルを貼られ、その後の人材戦略に悪影響を及ぼすリスクすらあります。

そこで近年では、紛争を発生させないために事前に法的な対策を講じる「予防法務」の考え方の重要性が増しています。

残業代対策を例にとると、雇用契約の際に「定額残業代制度(固定残業代制度)」を採用し、一定の時間の残業代は通常の賃金に含まれる扱いにする方法があります。

しかし、定額残業制には法律上の要件があり、安易に定額残業代を採用すると違法との判断がなされる可能性もあります。

紛争が生じる前の段階で弁護士にご相談して適切な対応をとることが、健全な企業経営のためのポイントです。


メリット4 問題社員に対しても適切な対応ができる

悩み

同僚に対しセクハラやパワハラを行う社員や、労働能力が著しく欠如している社員、SNSに不適切な投稿を行う社員など、問題を抱えた社員への対応に頭を悩ませている経営者の方は多いのではないでしょうか。

退職を促したり、思い切って解雇してしまいたいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、解雇は残業代と並んで紛争になりやすい分野です。

厚生労働省によると、労働審判で争われた事案の中で最も多いのは解雇や雇止めといった雇用の終了に関するトラブルで、全体の45.4%を占めています(平成25年)。

問題社員を安易に解雇することは危険であり、解雇は最終手段として検討するべきです。

メンタルヘルス、つまりこころの健康に問題を抱えた社員の対応にも十分に注意が必要です。

労働契約上、会社と管理職は従業員に対する安全配慮義務を負っているため、従業員の健康悪化や自殺という結果を予見できたにもかかわらずそれを放置していた場合には、その結果を回避する義務を怠ったとして安全配慮義務を問われることになります。

労働問題に詳しい弁護士にご相談いただくことで、問題社員の行動や会社が置かれた状況に応じた適切な対応をアドバイスすることができます。


メリット5 万が一の裁判にも対応できる。

お任せください

どれだけ紛争の予防に努めていたとしても、問題が生じ、労働審判や裁判になってしまう場合があります。

そのようなときこそ、弁護士が最大限にお力になれる場面です

相手方の主張や事実や証拠を精査し、裁判や労働審判が少しでも会社側に有利に進むよう、弁護士が全力を尽くします

特に労働審判は申立てから期日まで準備の期間が1か月程度しかないため、労働者から労働審判を申し立てられたらすぐに準備に取り掛かかる必要があります。

早めに弁護士にご相談いただくことが、適切な解決に繋がります


労働問題に関する解決実績(一部)

Case.01 元従業員からパワハラ暴力で慰謝料請求された事案(裁判外で示談)
Case.02 セクハラで元従業員から労働審判を申したてられた(労働審判からの対応)
Case.03 元社員から時間外手当の支払いを求めて労働審判を申し立てられた(労働審判からの対応)
Case.04 退職勧奨の適法性が争われた労働審判で請求額を約5分の1に減額した事案
Case.05 高額の残業代の支払いを求められた労働審判で時間外労働の事実を争った事案
Case.06 労働審判で未払い残業代の請求額を大幅に減額するとともに、就業規則の変更を行った事案
Case.07 問題社員を試用期間満了後に解雇するため、本採用拒否通知書を作成した事案

労働問題でたくみ法律事務所が選ばれる4つのポイント

弁護士壹岐

たくみ法律事務所は、契約トラブル、債権回収、労働問題、コンプライアンスなどについて福岡県内の多くの企業からご依頼や顧問契約をいただいています

福岡の中小企業の皆様からたくみ法律事務所が選ばれている理由をご紹介します。

使用者側に特化

たくみ法律事務所では、労働者側の方からのご相談やご依頼はすべてお断りし、使用者側に特化しています。

これにより、弁護士は、使用者側の労働紛争事件の経験とノウハウを蓄積しています。

初回相談料無料

たくみ法律事務所では、企業からのご相談は初回無料で承っております

そもそも弁護士にご依頼いただいた方がよい事案なのか、ご依頼いただいたとしたら、どのような解決方法が考えられるのかも含め、弁護士が丁寧にご説明いたします。

「こんなことで弁護士と相談していいのだろうか」と悩む必要はありません。

企業の法律問題でお悩みの際には、まずは弁護士とのご相談にお越しください。

顧問先数70社以上

たくみ法律事務所では、福岡県内の70社以上の顧問弁護士として企業をバックアップしています。

地域密着の法律事務所として多くの企業を支援する中で、弁護士は使用者側労働問題の専門性を高めています

福岡市と北九州市の中心部からアクセスしやすい立地

たくみ法律事務所は、地下鉄七隈線天神南駅から徒歩3分・渡辺通駅から徒歩2分というご来所しやすい立地で皆様をお待ちしております。

また、小倉駅より徒歩5分・モノレール平和通駅より徒歩2分の北九州事務所でもご相談いただけます。

費用

たくみ法律事務所の弁護士に労働問題の解決をご依頼いただいた場合の費用については、次のページをご覧いただくか、相談時に弁護士にお問い合わせください。

顧問弁護士契約のすすめ

顧問弁護士契約

たくみ法律事務所の弁護士と顧問契約を締結していただくことによって、弁護士が会社の法律問題を全面的にサポートすることが可能になります。

労務に関する紛争を未然に防ぐためには、弁護士が企業内部の実情を理解したうえで継続的にアドバイスを行うことが非常に重要です。

顧問契約を結んでいただくことで、労働問題のみならず、債権回収、不動産問題、契約書の問題など、企業が直面する法律問題について幅広く弁護士にご相談いただくことが可能です

当事務所との顧問契約についてはお電話やメールでお気軽にお問い合わせください。


関連ページ

従業員を解雇する前に弁護士にご相談を―安易な解雇は危険です

就業規則を作成するときの注意点を弁護士が解説

従業員の競業避止義務―競合他社への転職は制限できる?

従業員のメンタルヘルスの問題は使用者側専門の弁護士にご相談ください

残業代対策として固定残業代制を導入するときのポイント

会社が未払い残業代を請求されたときに確認するべき5つのポイント

労働審判を申し立てられた会社がすぐに弁護士に相談した方がよい理由

パワハラ、セクハラなどハラスメントが起きたときのリスク

ハラスメントを防ぐ3つの方法を使用者側専門の弁護士が解説

ハラスメントが起きたときに会社がとるべき対応を使用者側専門の弁護士が解説

弁護士費用(人事・労務)

福岡の企業の労働問題は使用者側専門の弁護士にご相談ください

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

費用


セカンド顧問

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

※上記以外の地域の企業様もお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP