福岡県の労働審判

福岡県における労働審判の利用の実態

労働審判

小倉支部を含めた福岡地方裁判所における労働審判の件数は次のとおりで、平均して年間240件程度申し立てられています。

  • 平成26年度 194件
  • 平成25年度 257件
  • 平成24年度 289件
  • 平成23年度 245件

福岡の労働審判の申立て件数は多く、全国的に見ても東京・大阪・横浜に次いで4番目に多い数字です。

労働紛争の対象となる事件は、解雇や懲戒処分の効力を争う事件、未払い残業代請求を含む賃金請求、退職金請求、セクハラやパワハラといった優越的地位の濫用など様々です。

中でも解雇や雇止めといった雇用の終了に関するトラブルが最も多く、全体の45.4%を占めています(平成25年)。

会社が労働審判を申し立てられたときは、約1か月間という短い期間で法律的な主張をまとめ、適切な証拠を集めて答弁書を提出しなければいけません。

労働審判を申し立てられたら、すぐに弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。


労働審判を申し立てられたときのポイントについては、

をご覧ください。

福岡の企業の労働問題は使用者側専門の弁護士にご相談ください

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

顧問弁護士契約のご相談、企業のご相談新規予約専用フリーダイヤル


メールでのお問合せはこちら


顧問契約の6つの特徴

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

PAGETOP
ニュースレター購読申し込み