契約書の作成やリーガルチェックはたくみ法律事務所の弁護士に相談

契約書の作成やリーガルチェックはたくみ法律事務所の弁護士へ

その契約書本当に大丈夫?

契約書に関する企業からのご相談は初回無料です。

まずはお気軽にご相談にお越しください。

メールでの相談予約はこちら

契約書の作成を弁護士にご依頼いただいた場合の費用

契約書

定型的なものとは、取引内容が標準的なもの(賃貸借契約書、売買契約書、業務委託契約書等)や、シンプルなものをいいます(標準的な契約書を作成したり、若干の修正を加えたりすれば済むものなど)。
非定型的なものとは、取引内容が複雑で、契約書の分量が多くなるようなものをいいます(A4で4枚以上のものや、条項数が50を超えるものなど)。

契約書の問題でたくみ法律事務所が選ばれるポイント

経営者の気持ちに寄り添う企業側専門の法律事務所

たくみ法律事務所は、労働者側からのご相談やご依頼は全てお断りしている、企業側専門の法律事務所です。

中小企業の経営者は、日々、さまざまな悩みを抱えていらっしゃることと思います。

たくみ法律事務所の弁護士は、常に経営者の気持ちに寄り添い、法的なトラブルのみならず経営の悩みまで幅広くサポートいたします。

豊富な実績

たくみ法律事務所では、福岡県内外の70社以上の企業から顧問弁護士契約をいただいており、業種も不動産業、運送業、IT業、保険代理店業など多岐にわたります。

深刻なトラブルに発展する前に問題の芽を摘む「予防法務」の一環として、当事務所では、顧問先企業様における契約書の整備に力を入れています。

そのため、弁護士はさまざまな種類の契約書の作成やリーガルチェックの経験とノウハウを積み重ねています。

福岡市と北九州市の中心部からアクセスしやすい立地

たくみ法律事務所の福岡オフィスは、地下鉄七隈線天神南駅から徒歩3分・渡辺通駅から徒歩2分というご来所しやすい立地にございます。

小倉駅より徒歩5分・モノレール平和通駅より徒歩2分の北九州事務所でもご相談いただけます。

たくみ法律事務所の契約書の相談・解決実績(一部)

Case.01 業務委託契約を締結するときの注意点について知りたい
Case.02 派遣法改正に伴うクライアントとの業務委託契約について相談したい
Case.03 契約書の内容が原因でトラブルが発生したので内容を見直したい
Case.04 訪問販売の顧客から有効期間の経過後にクーリングオフを求められている

メールでの相談予約はこちら

弁護士紹介

  • 代表弁護士宮田卓弥

    宮田 卓弥

  • 弁護士壹岐晋大

    壹岐 晋大

  • 弁護士向井智絵

    向井 智絵

  • 弁護士澤戸博樹

    澤戸 博樹

  • 弁護士桑原淳

    桑原 淳

  • 弁護士神田昂一

    神田 昂一

  • 弁護士桜井正弘

    櫻井 正弘

  • 弁護士江藤豊史

    江藤 豊史

アクセスマップ

福岡オフィス

北九州オフィス

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP