業務の一部をアウトソーシングしようと考えていますが、どのような契約書が必要でしょうか?

相談の背景

福岡県郊外にある資本金2,000万円、売上2億5,000万円、従業員30名ほどの電気製品の製造業です。

現在は、すべての作業について自社の従業員が行っていますが、

  1. 外部の専門性を活用
  2. 得意分野に資源集中させる
  3. コストカットを目的に、工場内の一部の作業について、外部にアウトソーシング(業務委託)

以上3点につき現在検討中です。

相談したい内容

アウトソーシング(業務委託)しようとした場合に、運営管理上注意すべき点は何かありますか?

また、アウトソーシング(業務委託)に際し、契約書等を作成すべきだと思いますが、どのような契約書を作成すべきでしょうか?

契約書にすべて記載するべきか、要領書等別紙に記載すべきか等、アウトソーシング(業務委託)の契約書を作成するための注意点を教えてください。

また、我が社がアウトソーシング(業務委託)をすることになると、下請代金支払遅延等防止法(下請法)の適用はあるのでしょうか?

下請法の適用がある場合には上記の契約書等に追加して準備すべき資料等はあるでしょうか?

契約書作成のポイント

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約