ご相談企業様について

業種

福祉業

相談の背景

先日、突然、福岡の裁判所から労働審判申立書が届きました。

内容を読んだところ、少し前に退職した従業員が、上司からパワーハラスメントを受け、不当に解雇されたから200万円の慰謝料を払え、残業代についても未払いであるから100万円支払え、というような内容でした。

名前のあがっていた上司に直接確認してみましたが、指導したことはあったがパワーハラスメントをしたつもりはないとのことでした。

また、解雇と主張していますが、その従業員はある日突然出社しなくなり、それ以降音信不通のままです

私物を取りに来るよう連絡したのですが、それも無視していて、現在まで事務室で保管しています。

残業代については固定で全従業員に2万円を支給していますので、こちらとしては未払いになっているという認識はありません。

相談したい内容

「労働審判の期日を指定されていますが、どのように対応すればよいのでしょうか?」

「こちらの反論をどのように組み立てればよいのでしょうか?」

「請求されているとおり慰謝料200万円、残業代100万円を支払わないといけないのでしょうか?」

「依頼するとなれば弁護士費用がいくらくらいかかるのかも心配です。」

労働審判を申し立てられたら

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約