ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 最新ニュース

最新ニュース

「70歳雇用」へ政府が方針を発表―企業に求められる対応は?

政府は5月15日に総理大臣官邸で開催された第27回未来投資会議において、希望する人が70歳まで働きつづけられるように企業に求める方針を示しました。 この記事では、現在の高年齢者雇用安定法の規制について確認するとともに、未 …

2019年10月から開始!介護職員の待遇改善のための「特定処遇改善加算」とは

2019年10月に実施される介護報酬の改定において、経験・技能のある介護職員の処遇を改善することを目的とした「介護職員等特定処遇改善加算」(以下、「特定処遇改善加算」といいます。)が創設されることが明らかになりました。 …

「人並み」で十分?ミレニアル世代の働き方の価値観とは

ある動画が話題に 感動の動画? 昨年の秋、「【感情崩壊】今日、部下が会社を辞める。」というタイトルの動画がYouTubeに投稿され、話題を呼びました。 退職する部下に上司が花束を渡し、「3年間、お疲れさまでした」と声をか …

2019年4月、メールによる労働条件通知書の交付が解禁!

2019年4月、メールによる労働条件通知書の交付が解禁! メールによる労働条件の通知が解禁 2019年4月から、労働条件通知書をメールやPDFファイルなど電磁的方法で交付することが解禁されます。 この記事では、改正の内容 …

年次有給休暇の時季指定が義務化

はじめに 2018年6月29日に働き方改革推進関連法が成立し、7月6日に公布されました。 押さえておくべきポイントはいくつかありますが、その中から年次有給休暇の時季指定義務についてご説明します。 改正の内容 労働基準法で …

ドライバーの睡眠不足と会社の責任

睡眠不足は乗務禁止 6月から義務化 昨年8月、鳴門市で高校生が乗っていたバスと大型トラックが衝突し、高校生ら16名が死傷する事故が発生しました。 原因は大型トラックのドライバーの居眠り運転でした。 居眠り運転に起因するこ …

今のままの勤怠管理で大丈夫?企業の労働時間把握義務が管理職にも拡大

労働時間の把握義務とは 2019年4月、労働安全衛生法や関連省令が改正され、現在は一般労働者についてのみ課されている企業の労働時間把握義務が管理者にまで拡大されます。 労働時間把握義務は法律で明確に定められているものでは …

消費者契約法が改正!「不安商法」は取消しの対象に

成人年齢が18歳に 2018年6月、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が国会で成立しました。 現在の民法には、20歳をもって成年とすること、そして未成年者が法律行為(たとえば契約の申込み)をするには法定代理人 …

EUで施行された一般データ保護規則(GDPR)が他人事ではない理由

2018年5月25日、欧州連合(EU)で「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation, GDPR)」が施行されました。 GDPRは、EU加盟国に欧州3か国を加えたEEA(欧州 …

働き方改革関連法の7つのポイント

「働き方改革」実現に向けて舵を切る法改正 国会で審議されていた働き方改革関連法が成立しました。 「雇用契約法」「労働基準法」など8つの法律が改正され、2019年4月以降、順次施行されます。 政府が推進する「働き方改革」を …

1 2 »
PAGETOP
メルマガ登録 お問い合わせ メルマガ登録