会社法

会社法について

弁護士壹岐・弁護士向井

企業経営を規制する法律として第一にあげられるものが会社法です。

会社法は条文数が多く内容も複雑ですが、コンプライアンス体制の構築を行うためには専門的な知識が不可欠です。

近年の会社法改正により内容はさらに複雑となり、業経営に法律の専門家である弁護士を関与させる必要性が高まっているといえます。

このページでは、会社経営に弁護士がどのような形でお力になれるのかご説明します。

それぞれのポイントについて詳しく知りたい方は、各項目のリンクをクリックしてください。

会社法の改正

改正会社法は、平成26年6月20日に成立し、平成27年5月1日をもって施行されました。

改正の主なポイントをご紹介します。

詳しくはこちらをクリックしてください。

株主構成

会社法には多くの少数株主権が規定されており、敵対株主からの会計帳簿閲覧請求など、企業経営に多大な影響を与えるものもあります。

また、相続によって株式が相続人に分散し、経営者の予期しない親族間の争いが生じることもあり、事前の対策が必要といえます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

株主総会

会社法においては、株主総会の準備・運営・決議方法・議事録作成など、多くの規律がなされています。

会社法に精通した弁護士が、皆様の株主総会の開催についてアドバイスを行います。

詳しくはこちらをクリックしてください。

取締役会

取締役等の役員は、企業活動の結果について株主や第三者から責任追求をなされる可能性が常にあります。

特に経営判断に関する責任追及を避けるための手段として、弁護士が企業経営に関与する方法が考えられます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

企業訴訟

企業に関する訴訟は多種多様であり、その類型に応じた専門知識と経験が必要となります。

また、事前に企業訴訟による費用・時間・風評被害といったリスクを回避するための方法を弁護士がすることもできます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
お問い合わせ