福岡で弁護士をお探しの不動産業の皆様へ

福岡で弁護士をお探しの不動産業の皆様へ

不動産業の皆様へ

こんなことでお悩みではないでしょうか?

「入居者が家賃を支払ってくれない。」

「家賃滞納が続いている入居者に退去してもらいたい。」

「契約上の使用目的と異なる目的で使用している入居者がいて困っている。」

賃料滞納への対応

賃料の滞納にお悩みの不動産会社様や不動産オーナー様は少なくありません。

弁護士にご依頼いただくことで、次の対応が可能となります

賃借人への請求

賃借人に対して内容証明郵便で督促を行います。

少額訴訟・支払い督促

裁判所を通じて賃借人に賃料の支払いを促すとともに、強制執行に向けた準備を行います。

強制執行

賃借人が任意の支払いに応じない場合には、賃借人の財産を差し押さえ、強制的に賃料相当額を回収します。

建物明渡し等

滞納が続く場合には、賃貸借契約の解除や不動産明渡しに向けて対応を検討いたします。

賃料滞納問題についての詳細は、こちらをご覧ください。

建物明渡し

賃料を滞納したり、無断転貸をするなど問題のある賃借人に対しては、立退きをしてもらうことを検討せざるを得ないことがあります。

建物明渡しのためには次の3つのステップを踏みます

調査

事実関係の調査を行い、法律的にどのような手段が可能なのか検討します。

交渉

場合によっては、賃借人と直接交渉を行います。

当事者同士では交渉がうまくいかない場合であっても、第三者が間に入ることでスムーズに進むケースがあります。

訴訟

借主が明渡しに応じない場合や、借主が行方不明になっている場合には、裁判所に訴訟を提起します。

建物明渡しについての詳細は、こちらをご覧ください。

賃料増額交渉

福岡県内では、不動産価格の上昇によって過去に設定した賃料が相場より安くなってしまうことが不動産会社様や不動産オーナー様の大きな悩みの種になっています。

弁護士は交渉や裁判手続といった手段により賃料増額を実現するためにお力になることができます。

賃料増額についての詳細は、こちらをご覧ください。

空き家対策

近年の人口移動の変化や少子高齢化の進展により、空き家問題は全国的に深刻な問題となっています

空き家を放置すると、税法上の問題が生じるだけでなく、雑草繁茂・樹木の越境、治安の悪化、倒壊事故、景観阻害など様々な問題に繋がります。

空き家問題についての詳細は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ

弁護士・中小企業診断士壹岐晋大

会社の法律問題や顧問契約に関するご相談は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください

確認後、担当者よりお電話もしくはメールにて、当日、遅くとも翌営業日中に折り返しご連絡させていただきます。

顧問契約の内容に関するお問い合わせは、チャットワークでも承っております。
こちらからコンタクト追加をお願いします(チャットワークのアカウントが必要です。)

業種別の法律問題

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
お問い合わせ