業務手当、配送手当、長距離手当などを支給する運送業者は残業代を支払わなくてよいか?

業務手当、配送手当、長距離手当などを支給する運送業者は残業代を支払わなくてよいか?

運送業

運送業では、ドライバーに対し「業務手当」「配送手当」「長距離手当」などの名目で手当てが支給されている場合があります。

では、これらの手当てが支払われていれば会社は残業代を支払わなくてもよいのでしょうか

就業規則や賃金規程の規定が重要です

結論からいうと、改めて残業代を支払わなければならない場合があります

特に「業務手当」「配送手当」「長距離手当」など、一見して固定残業代としての手当てだと分かりにくい名称の手当てで残業代を支払っている場合は注意が必要です。

労働者が残業代の支払いを求めて裁判になった場合には、これらの手当てによって残業代が支払われているとは認められず、改めて残業代の支払いを命じられる可能性があります。

一度、労働者(または元労働者)から残業代請求の裁判を起こされて負けてしまうと、他の労働者からも同じような請求を芋づる式に起こされ、莫大な金額の未払い残業代を余儀なくされるおそれがあります。

このような事態を防ぐためには、就業規則や賃金規程などに、これらの手当てを「時間外手当とし、割増賃金を算定する基礎賃金に含まない」旨を明記して、この内容を従業員に周知させるべきです。

手当てについて定めるときの注意点

手当てについて定めるときに注意しなければいけないのは、基本給と固定残業代の手当てとがバランスを欠かないようにすることです。

なぜなら、基本給と固定残業代とがバランスを欠く場合、残業代を支払ったとは認められない可能性があるからです。

過去の裁判例では、固定残業代の金額に比べて残業時間が多すぎることを問題視されるなどして、手当てが残業代に当たらないと判断されたものがあります。

マーケティングインフォメーションコミュニティ事件(東京高判平成26年11月26日・労判1110号46頁)

  • ガソリンスタンドの運営等を業とするX社は、「営業手当」の名目で残業代を支払い、就業規則にもそのことを書いていました。
  • しかし、裁判所は、「営業手当」の金額は100時間分の残業代に相当するが、恒常的に100時間も残業させることを前提に「営業手当」の支給が合意されていたとは認められないなどとして、「営業手当」は残業代に当たらないと判断しました。

トレーダー愛事件(京都地判平成24年10月16日・労判1060号83頁)

  • ホテル業を営むY社は、「成果給」の名目で残業代を支払い、就業規則と給与規定にもそのことを書いていました。
  • しかし、裁判所は、所定労働時間内と残業時間内とで業務内容が異ならないにもかかわらず、残業代(時給換算で約1800円)として基本給(時給換算で約890円)の倍の給料が支給されており、あまりにもバランスを欠いているなどとして、「成果給」は残業代に当たらないと判断しました。

さいごに

弁護士壹岐

このように、会社としては手当ての名目で残業代を支給しているつもりでも、裁判で残業代が支払われていると認められず、不測の損害を被ってしまうリスクがあります。

そのようなリスクを避けるために、既存の就業規則や賃金規程に不備がないかよく確認しておく必要があります。

たくみ法律事務所では、就業規則や賃金規程に問題がないか弁護士がチェックを行い、残業代請求のリスクを回避するための対策を行うことができます。

また、退職した従業員から未払い残業代を請求されてしまったときも、個別の事案に応じた適切な対応をアドバイスをいたします。

運送業の残業代問題でお困りのときは、使用者側専門のたくみ法律事務所の弁護士にご相談ください。

労働問題に関する解決実績(一部)

Case.01 元従業員からパワハラ暴力で慰謝料請求された事案(裁判外で示談)
Case.02 セクハラで元従業員から労働審判を申したてられた(労働審判からの対応)
Case.03 元社員から時間外手当の支払いを求めて労働審判を申し立てられた(労働審判からの対応)
Case.04 退職勧奨の適法性が争われた労働審判で請求額を約5分の1に減額した事案
Case.05 高額の残業代の支払いを求められた労働審判で時間外労働の事実を争った事案
Case.06 労働審判で未払い残業代の請求額を大幅に減額するとともに、就業規則の変更を行った事案
Case.07 問題社員を試用期間満了後に解雇するため、本採用拒否通知書を作成した事案

業種別の法律問題

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

費用


セカンド顧問

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

※上記以外の地域の企業様もお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP