福岡で弁護士をお探しの医療機関・クリニックの皆様へ

福岡で弁護士をお探しの医療機関・クリニックの皆様へ

医師

医療機関において生じる法的問題は、一般的な営利企業とは趣が異なります。

それは、医師や薬剤師など医療職に固有の義務や、患者や家族に対する強い配慮から生じることが多いためです。

たとえば、医療機関に特有の法的問題として次のようなものがあります。

クレーム対策

モンスターペイシェントという言葉が一般化して久しいですが、このような医療機関側に責任のないタイプのクレームだけでなく、医療機関側が説明責任や賠償責任を果たすべきクレームも存在します。

医療機関側に責任が存在するクレームに適切に対応し、問題が先鋭化することを防ぐべきなのは当然です。

同様に、モンスターペイシェントのようなクレームについても事なかれ主義で終わらせず、毅然と対応しなければ後々さらに厄介なクレームを生みかねません。

未払い治療費

昭和24年の厚生省通達では、医師の応召義務がある以上、貧困、すなわち治療費の不払いを理由として診察を拒むことはできないとされています。

そのため、未払いの治療費は多くの医療機関が悩まされる深刻な問題です

未払い治療費を放置することは医療機関の経営を大きく圧迫しますので、適切な対処をすることが必要です。

個人情報の保護

医療機関では、大量かつ重要的な個人情報が取り扱われます。

成人の患者の父親からカルテ開示を求められた場合、どのような手続を踏めばよいのか。

明らかに薬物中毒の患者が医療機関に受診した場合、警察に通報することは守秘義務の観点から問題ないのか、

核心的な医療個人情報を扱う際、配慮しなければならない点は枚挙に暇がありません。

医師との連携

問診

たくみ法律事務所では、医師との緊密なネットワーク構築に努めています。

これは、私たち弁護士にとって、医師が持つ医学的知識は極めて重要であるとともに、医師の方々に対して私たちの持つ法的知識をご提供することに意義があると考えているためです。

その一環として、福岡で開業されている医師数十名との勉強会に、当事務所の弁護士が毎回参加しています。

直近の勉強会では、医療機関における雇用管理の問題点や医療事故への対処方法、いわゆるモンスターペイシェントとの適切な応対などが議題となりました。

その中で、勤務態度に問題がある従業員を解雇するためにはどのような手続きを踏むべきなのか、解雇が裁判所に無効とされるポイントはどこにあるのかなど、医師の疑問について弁護士から活発な意見が出されていました。

その意見に対して、さらに医師から踏み込んだ質問が行われるなど、議論は実に熱を帯びたものとなっています。

医師が普段の業務で感じる疑問や躊躇、不安を汲み取り、適切なアドバイスを行う。

そのためには、このような勉強会は大変重要な機会です。

当事務所ではこの他にも、医師が参加する勉強会に積極的に参加し、医師のニーズに応えるべく研鑽しています。

医師(特に開業医の方)の皆様にとって、弁護士が有するノウハウは、法的なリスクを防止・軽減することができる有利な武器になると考えております。

弁護士にご相談ください

弁護士壹岐

現実的に生じた法的問題を放置することは、医療機関の評判・経営を悪化させることになりかねません。

また、そのような問題が生じる前に予防策を講じておく必要もあります。

このため、医療機関においても法律のプロである弁護士が関与し、法的なサポートをする価値があると私たちは考えています。

医療機関の皆様は、ぜひ一度弁護士にご相談ください

みなさまのご不安を解決いたします。

業種別の法律問題

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
お問い合わせ