飲食業の法律問題を弁護士が解説

飲食業の皆様へ

飲食業界の状況

悩み

「飲食業」と一言でいっても、外食産業、中食産業と大別され、外食産業における専門飲食店においても、ファミリーレストラン、ファストフード、日本料理など多種多様です。

飲食業(特に外食産業)は、この10数年で、ファストフード、テイクアウトは大きく市場を成長させていますが、その他の分野は縮小傾向にありますが、全体の市場としては安定した状況に入っています。

一方で、最近では「飲食業」の倒産が前年同期比で約20%増となる(平成29年11月時点)など、仕入れや人手不足による人件費などのコスト増が影響していると思われます。

このページでは飲食業界における法律問題について解説します。

従業員の労働問題

労務

人手不足については、どの業界においても問題となっておりますが、飲食業界は特に大きな問題とされています。

「飲食物調理の職業」の有効求人倍率は3倍を超え(平成29年7月現在)、特に人手が足りていない業界とされています。

飲食業は労働集約型産業であるにも関わらず、人が採用できないという状況が続いていることは、人手不足問題解消は喫緊の課題です。

外国人、女性、高齢者等の有効活用も重要なポイントになってくるでしょう。

また、雇用契約、就業規則整備による働きやすい職場環境の整備に伴う採用力の強化等は中長期的に有効な戦略です。

[人事・労務のページはこちら]

店舗の賃貸借トラブル

飲食業界は、自社物件で営業をしているケースもありますが、賃貸物件で店舗経営をする会社が多いのが現状です。

当然大家さんとの賃貸借契約においては、入居時における賃料についての問題(土地の高騰による賃料増額等)や、撤去時における明渡しの際の原状回復費用についての問題等多くの法律問題が絡みます。

お客様からのクレーム

クレーム

従業員の対応が悪いことなどで、顧客からSNSに動画が上げられてしまったり、些細な事でクレームをつけられたり、飲食業界においても顧客トラブルも大きな問題です。

また、飲食業界は評判や口コミに売上が大きく影響を受ける業界であり、評判、口コミサイトへの悪評等への対応も重要になります。

まずは弁護士にご相談ください

以上のように飲食業には多くの法律問題が潜在化しています。

事前に予防策を検討しておくこと、また問題が起きた時に相談できる弁護士を知っておくことは重要です。

たくみ法律事務所では、飲食業を経営される企業様とも顧問契約を締結させていただいています。

飲食業を経営されている企業様で、お困りごとがございましたら遠慮なくご相談下さい。

業種別の法律問題

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

費用


セカンド顧問

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

※上記以外の地域の企業様もお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP