運送業者が気をつけるべき残業代問題【就業規則案付き】

運送業界の現状

運送業

ヤマト運輸株式会社が労基署から是正勧告を受けた問題や、未払い残業代を支払った等の問題があったのも記憶に新しいところです。

現在、運送業者は、労働時間管理や事故防止などのコンプライアンスの徹底が強く求められ、行政処分の厳格化も相まって、業界が大きく変化しています。

さて、その中で最も問題視されているのが、運送業界の残業代問題です。

残業代問題が多い会社の特徴は?

悩み

残業代が問題になることの多い会社の特徴は何でしょうか?

それは一般的に

  1. 離職率が高い
  2. 労働時間が長い
  3. 労働時間に関する客観的資料がある

点だとされています。

これを運送業界であてはめてみるとどうでしょう。

  • 運送業者は慢性的な人手不足で離職率が高いと言われています(①)。
  • また、長距離トラックドライバーなどは特に、渋滞予測が困難であったり、積み下ろしの順番待ちがあったりなど、想定していた労働時間より長時間になることが多くあります(②)。
  • さらに、ドライバーはタイムカード等を利用しない場合でも、タコグラフなどにより、労働時間(運転時間)が明確になります(③)。

つまり、運送業者は、残業代問題が発生しやすい業種であると言えるでしょう。

運送業界に多い残業代問題の一つ「固定残業代」とは?

運送業

以上の点に加え、運送業者が残業代でトラブルが多いのは、「固定残業代」を採用している業者が多いのも原因として挙げられるでしょう。

通常、残業代は残業時間に応じて支払われますが、固定残業代は、残業時間にかかわらず、一定の残業代が支払われることになります。

従業員のモチベーションを向上させ、残業時間を抑制するためなどに、この制度を採用している企業は多いと思います。

当事務所では、顧問先などを始め、就業規則のチェックをさせていただくことが多いですが、「固定残業代」の制度を取り入れているものの、無効と判断される可能性が高いケースが多く見受けられます

これは、現在は顕在化していませんが、非常に大きな問題をはらんでいると言えます。

つまり、固定残業代が無効とされてしまうと、会社は多額の残業代を払わなければならない可能性があります。

月額賃金30万円(そのうち、5万円が固定残業代:30時間分)毎月30時間の残業代が6ヵ月発生している場合を例に考えてみます。

固定残業代が「有効」の場合、当然、30時間の残業代分は固定残業代として支払っている以上、追加の残業代は発生しません。

しかし、固定残業代が無効の場合は、基本給は25万円ではなく、30万円として計算されることになります。

また、固定残業代が無効である以上、5万円として払っていたのは残業代ではない(基本給の一部)とされ、残業代は1円も払っていないと認定されてしまいます。

つまり、

30万円÷164時間(所定労働時間)=1,829円(時給)

1,829円✕1.25(割増率)✕180h(6ヵ月分)=約40万円

分も余分に支払わなければいけません。

※所定労働時間は会社ごとに異なります。
※残業時間が深夜や休日であるなどした場合、割増率も変わります。

固定残業代を有効にするには?

固定残業代の問題は近年の裁判例で有効か無効かの枠組みがある程度明確化してきました。

判例においては、通常の労働時間の賃金部分と割増賃金相当部分とを区別できるようにすることを要するとされています。

つまり、固定残業代部分が給料の中で明確になっていることが必要です。

その中で、

  1. 固定残業代における相当時間が明確化されていること
  2. 相当部分を超過した場合、超過部分の残業代が支払われているか

がポイントになるとされています。

就業規則で「割増時間外手当 5万円を固定残業代とする。」とだけ記載してあるケースでは、無効とされる可能性が高いです。

また、「5万円を固定残業代とする(相当時間20時間分)。」等とされていても、実態として毎月30時間以上残業が発生しており、超過している10時間分の残業代が支払われていないケースや、そもそも労働時間を管理していないケースなどは無効とされる可能性があります。

さらには、設定された相当時間が長すぎる場合(45時間を超えるケース)や、固定残業代部分が割増時間外手当額や最低賃金を下回っている場合等も当然問題です。

最後に

弁護士壹岐晋大

今後、ドライバーからの未払い残業代請求等も増えていくことが予想されます。

この固定残業代の問題は就業規則や雇用契約書の文言を修正すれば解決するものではなく、労働時間管理体制も含めて運営していかなければなりません。

就業規則整備や残業代請求対応等の問題についてはたくみ法律事務所にご相談下さい。

運送業者における他の問題等についてはこちらを御覧ください。

就業規則(賃金規定)における固定残業代規定の雛形

就業規則(賃金規定)における固定残業代規定のサンプル文書(Word)
就業規則(賃金規定)における固定残業代規定のサンプル文書(Pdf)
※あくまでサンプルですので、実際の就業規則変更や、管理方法等についてはご相談下さい。

運送業におすすめのページ

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み