【IT業界向け】秘密保持契約書を作成するときのポイント(NDA条項のひな形あり)

IT業界で秘密保持契約書(NDA)を作成するときのポイント

秘密保持契約とは

個人情報保護

秘密保持契約とは、法人同士で取引を行う際に、営業秘密や個人情報など業務に関して知った秘密を第三者に開示しないことを約する契約です。

「Non-Disclose Agreement」を略して「NDA」と呼ばれる場合もあります。

IT業では、他社と製品の共同開発をする場合や、WEBサイトやECサイトの制作を委託する場合など、秘密保持契約を締結する場面が頻繁にあります。

このページでは、IT業者が秘密保持契約書を作成するときの留意点について、ご説明します。

NDA条項のひな形

ページの最後にあるリンクから、NDA条項の書式のひな形をダウンロードしていただけます(※あくまでサンプルですので、実際に契約書を作成する際には弁護士にご相談ください。)

秘密保持契約書を作成するときの3つのチェックポイント

秘密情報の範囲

範囲の特定の方法

悩み

秘密保持契約において最も重要なのは、秘密情報の範囲をどう設定するかという点です。

情報を開示する側にとっては、秘密にする情報はできる限り広いほうがよいのですが、情報を受領する側としては、どの情報が秘密情報かを判断できるよう特定されていることが望ましいと考えるでしょう。

具体的な範囲の特定の方法としては、

  • 「書面や口頭で秘密である旨の指示がなされたもの」
  • 「パスワードによりロックがかかっているもの」

などが考えられます。

不正競争防止法の規定を利用する

さらに限定するとすれば、「不正競争防止法2条6項に定める営業秘密に該当する情報」に限定するという限定も考えられます。

不正競争防止法上の営業秘密は、(1)有用性、(2)非公知性、(3)秘密管理性の3つの要件を満たす必要があり、かなり限定されたものになります。

情報を受領する場合も注意

ソフトウェア開発委託契約などにおいては、契約上双方に秘密保持義務が課されることが一般的ですが、ベンダーとして発注者の業務内容などについて秘密保持義務を負う場面も多いと思います。

その場合には、情報を受領する側として注意する必要があります。

損害賠償

損害賠償の範囲を特定する

電卓

秘密保持契約書では、当然保持義務違反をした当事者に対して、損害賠償責任の規定が定められます。

そのような規定がなくとも、損害賠償請求自体はできますので、情報提供側にとっては、単に「損害を賠償する」という規程だけでは契約に定める意味はあまりありません。

そこで、「起因または関連する損害」あるいは「(弁護士費用も含む)」といったの規定を入れることで、損害賠償の範囲をできる限り特定することが考えられます。

あらかじめ違約金を決めておく?

しかし、そもそも秘密保持義務違反による損害賠償は算定が困難であることが多いため、「秘密保持義務に違反した場合○○万円を支払う」といったように賠償額の予定を定めることもあります。

もっとも、賠償額の予定、すなわち違約金の規程は、「仮に予定額を超えた損害が発生したとしても超えた部分の請求することはできない」と解されているため、予定額の決定には注意が必要です。

予定額をあまりに高額に設定した場合には、暴利行為として法律上無効とされる可能性があることもありえます。

予定額の設定方法としては、たとえば、秘密にしたい情報により得られることが予想される利益を基準とする方法が考えられます。

下請けベンダーによる漏洩にも注意

開発委託契約においてSES契約を結ぶような場合では、下請けベンダーがその情報を漏えいしてしまうリスクも考えなければいけません。

ベンダーとしても、下請ベンダーに対し、発注者に対する責任と同等の責任を負うと定めるのが一般的です。

有効期間

秘密保持契約の有効期間については、開示側としては、その情報の利用価値が消滅する期間を設定したいことになると思います。

一方の受領側としては、秘密情報で管理できる期間として妥当な期間の設定を希望することになり、その調整が必要です。

有効期間を限定したうえで自動更新条項により都度延長するという方法も一つです。

秘密保持契約についてお悩みのときは弁護士にご相談ください

弁護士壹岐晋大

秘密保持契約書を作成するときには、秘密保持契約におけるリスクを理解し、社内でしっかりとしたルールを作成しておくことが重要です。

秘密保持契約書の作成やチェックについてお困りの方やご相談されたい方は、お気軽に当事務所までお問い合わせください

関連ページ

業種別の法律問題

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

費用


セカンド顧問

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

※上記以外の地域の企業様もお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP