就業規則の注意点

就業規則の注意点

ビジネス

ガバナンスにおいて、従業員をどう管理するかは非常に重要な問題です。

その中でも、就業規則の整備は最も重要だと言っても過言ではありません。

そもそも、就業規則は、10名以上の労働者を使用する使用者には、法律上作成義務があります。

そのため、ネット上にはさまざまな就業規則のひな形が転がっています。

そして、現実にそのひな形をそのまま流用している使用者もいます。

しかし、そのような就業規則は企業の実態にそぐわない点も多く、また、古いものであれば、最新の法改正に対応していない場合もあります。

このような就業規則をそのままにしておくと、後々労働問題が生じた時に、企業側が実態を主張したとしても、就業規則と齟齬があるためにその主張が認められないことがあります。

就業規則を定めていない企業はすぐに定める必要があることは当然ですが、現在の就業規則が会社の実情、各種法令と整合しているのかも確認する必要があります。

就業規則の整備は、今後の企業の成長にも重要な要素になりますので、一度弁護士にご相談ください。

人事・労務に関するページ

1 従業員の解雇・退職について
2 就業規則について
3 メンタルヘルスについて
4 未払い残業問題について
5 残業代対策について
6 労働審判について
7 当事務所の特徴(労働審判)
8 弁護士費用(人事・労務)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み