メンタルヘルス

メンタルヘルスについて

メンタルヘルスとは

不安

メンタルヘルスとは、こころの健康のことです。

現在、精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、300万人を超えています。

また、その数は近年増加傾向にあります。

また、企業間競争の激化、成果主義の導入など、職場環境の変化によって、労働者のストレスは高まっています。

その結果、労働者のこころの健康が害され、労働者の作業効率の低下、休業、最悪の場合には、自殺といった深刻な問題を引き起こしかねません。

このように、職場におけるメンタルヘルスの問題は、労働者個人はもちろんのこと、会社全体の効率性・生産性に影響を及ぼす非常に重要な問題なのです。

労働安全衛生法に、職場における健康の保持増進対策が規定されているのは、このためです。

メンタルヘルスと企業

会社としては、このメンタルヘルスの問題に適切に対応すべきです。

「労働者に残業をさせても残業代をきっちり支払っておけば問題ない」このような考え方は危険です。

仮に残業代の問題がなくても、残業による長時間労働を放置していた場合には、会社の責任が追及され、多額の損害賠償責任を負担させられることがあります。

また、民事上の責任だけでなく、行政上、刑事上の責任を問われる可能性もあります。

特に、会社としては、労働者の病気を理由に配置転換、降格、解雇等を行う場合には、細心の注意を払いましょう。

企業が行うべきメンタルヘルス対策

  1. メンタルヘルスに関する会社の安全配慮義務の洗い出しとその対策
  2. 長時間労働の軽減
  3. メンタルヘルス不全者への対策
  4. 労働者一般の健康管理への対策
  5. 職場環境の整備

メンタルヘルスは、会社の重要な資源であるヒトに関わる重要な問題です。

適切に対応するためにも弁護士にご相談ください。

メンタルヘルスについて

人事・労務に関するページ

1 従業員の解雇・退職について
2 就業規則について
3 メンタルヘルスについて
4 未払い残業問題について
5 残業代対策について
6 労働審判について
7 当事務所の特徴(労働審判)
8 弁護士費用(人事・労務)

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み