不動産業に関する法律相談

管理会社・保証会社の皆様へ

管理会社・保証会社の皆様へ

こんなことでお悩みではないでしょうか?

悩み

「入居者が家賃を支払ってくれない。」

「家賃滞納が続いている入居者に退去してもらいたい。」

「居住用物件なのに入居者が事務所として使用していて困っている。」

不動産にまつわるお悩みを弁護士が解決いたします

これらの従来からのお悩みに加え、最近では、平成27年に「空き家法」が施行され、空き家の管理を適切に行わなければならなくなりました

他方で、福岡市では、新たに、平成28年12月1日、民泊に関する改正条例が施行され、空室や空き家等を利用した民泊ビジネスへの参入が容易になったことで、不動産を利用した新たなビジネスチャンスも到来しています。(民泊についての詳しい内容は、【コラム】福岡市で「民泊」条例がついに施行されましたをご覧ください)。

もっとも、民泊ビジネスはガイドラインで細かい規制がなされていますので注意が必要です。

このような新しい流れに対しても、福岡の不動産業者の顧問先を複数持ち、経験豊富な弁護士が迅速・的確に対応いたします。

不動産業の法律問題に関するページ

賃料滞納建物明渡空き家対策民泊支援弁護士費用

たくみ法律事務所が不動産問題に強い3つの理由

1.顧問先を含めて多数の解決実績あり
地元福岡で不動産会社・管理会社の顧問を複数持っており、不動産にまつわる多種多様なトラブルを解決してきました。
また、管理会社の管理組合の代理人も複数経験しておりますので、マンション管理についての紛争にも強い弁護士です。
2.建物明渡、立退に関して強みがあります。
建物明渡・立退については、業界トップクラスのスピード解決及び低額費用を目指します。
3.最新事例にも他士業との連携の上、解決します。
司法書士、不動産鑑定士など不動産問題に関連する他士業との連携もあり、それを活かしたスムーズな解決をサポートします。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み