薬局・健康食品業に関する法律相談

薬局・健康食品業と弁護士

薬局

健康食品や美容商品を開発・販売するにあたっては、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律:旧薬事法)の規制に十分気をつけなければなりません。

ご存知の方も多いかもしれませんが、薬機法上、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」は厳格に分類されており、この分類規制に反することで経営者が逮捕され、刑事罰を受けることも少なくありません。

また、近年目にすることが増えた「特定保健用食品(トクホ)」や、これを規制緩和した「機能性表示食品」、そして「栄養機能食品」と、サプリメントの販売にも種々の規制がかかっています。

特にこの分野では、「表示してもよい記載なのか否か」を常に意識する必要があります。

訴求力を有する表示にしたいがために、規制された表示方法に違反することもよく聞くところです。そして、これに反すると行政処分を受ける可能性が出てくるのです。

この他にも、健康食品・美容商品の販路拡大のための代理店展開にも法的リスクは潜んでいます。

たくみ法律事務所では、健康食品・美容商品分野での経営をお助けすることが可能です。一度、ご相談ください。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み