医療機関・クリニックに関する法律相談

医療機関・クリニックにおける法律相談

医師

医療機関において生じる法的問題は、一般的な営利企業とは趣が異なります。

それは、医師や薬剤師など医療職に固有の義務や、患者や家族に対する強い配慮から生じることが多いです。

たとえば、医療機関に特有の法的問題として次のようなものがあります。

クレーム対策

モンスターペイシェントという言葉が一般化して久しいですが、このような医療機関側に責任のないタイプのクレームだけでなく、医療機関側が説明責任や賠償責任を果たすべきクレームも存在します。

医療機関側に責任が存在するクレームに適切に対応し、問題が先鋭化することを防ぐべきなのは当然です。

同様に、モンスターペイシェントのようなクレームについても事なかれ主義で終わらせず、毅然と対応しなければ後々さらに厄介なクレームを生みかねません。

未払い治療費

医師の応召義務がある以上、貧困、すなわち治療費の不払いを理由として診察を拒むことはできないとされています(昭和24年厚生省通達)。

このため、未払い治療費が増加する可能性は一般企業よりも高いでしょう。

そして、その未払い治療費を放置することは、診療報酬がプラス改訂されない現状において、医療機関の経営を大きく圧迫します。

個人情報の保護

成人の患者の父親からカルテ開示を求められた場合、どのような手続を踏めば法的に問題ないのかや、明らかに薬物中毒の患者が医療機関に受診した場合、警察に通報することは守秘義務の観点から問題ないのか、核心的な医療個人情報を扱う際、配慮しなければならない点は枚挙に暇がありません。

このように、現実的に生じてしまった法的問題を放置することは、医療機関の評判・経営を悪化させることになりかねません。

また、そのような問題が生じる前に予防策を講じておく必要もあります。

このため、医療機関においても法律のプロである弁護士が関与し、法的なサポートをする価値があると私たちは考えています。

未払い治療費ひとつとってみても、私たちは穏便な方法から訴訟まで、様々な債権回収方法を持っており、事案に応じた対応が可能です。

医療機関の皆様、私たちに一度ご相談下さい。ご不安を解決いたします。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み