ネットの口コミ

スマートフォンやインターネットが広く普及し、行ったことがない店に行く前にGoogleマップの口コミを見る方が多くなっています

これはクリニックなどの医療機関であっても例外ではありません。

今回は、Googleマップに投稿されたクリニックの削除するにはどうしたらいいか、弁護士が解説いたします。

誹謗中傷を放置しているとどうなる?

ネガティブな投稿を放置していると、さまざまな支障が生じます。

  • 新規の患者が減り、既存の患者が離れるなど、営業上の損害が生じる
  • 取引先や従業員から不信感を抱かれる
  • 採用が困難になる
  • 金融機関からの融資が困難になる

医療機関は他のサービスと比べてインターネット上の口コミが重視される傾向にあります。

「放置しておけば誹謗中傷も収まるだろう」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、インターネット上の誹謗中傷の場合、時間の経過により解決に近づくどころか事態がさらに深刻になることが多いです。

インターネット上の誹謗中傷は、基本的に投稿者本人かサイトの運営主体の削除しない限り公開され続けます。

すると、「Googleマップでこのような口コミがあるが、その通りだった」という口コミが投稿されたり、「5ch(2ch)にこのような情報がある」という記事がブログに投稿されるなど、誹謗中傷がさらに拡散し、悪循環に陥ります。

この場合、削除請求の対象を広げなければならなくなり、対策がさらに難しくなります

関連記事

【病院・クリニック向け】Googleのネガティブな口コミを放置してはいけない理由

クリニックについてGoogleマップの口コミで誹謗中傷されたらまず何をすべき?

誹謗中傷を見つけたら最初にすべきことは、スクリーンショットを撮るなど証拠を残すことです。

Googleマップの投稿は投稿者なら自由に削除したり編集したりすることが可能です。

削除請求や損害賠償請求などの法的措置に備えて、まずはきちんと証拠を残しておく必要があります。

誹謗中傷の削除請求は誰に依頼すべき?

依頼先として①警察、②依頼代行業者、③弁護士が考えられます。

警察は無料で相談することができますが、事件性がなければ動いてくれません。

依頼代行業者の中には、非弁行為と呼ばれる弁護士にしかできない業務まで行う悪徳業者もいます。

また昨今では、自らネガティブな投稿をして「悪い口コミを削除する」と持ち掛け、法外な金額を要求する悪徳業者もいるようです。

そこで、削除請求は弁護士に依頼することをお薦めします

弁護士に依頼するメリット

弁護士野中

弁護士なら、法的な根拠に基づいた主張・反論が可能です。

Googleマップのコメントについて任意での削除を請求するときには、まずGoogleのポリシーに違反するかどうか検討する必要があります。

その際、コメントのどの部分がなぜポリシーに違反するのかを論理的に主張することが重要になります。

相手が任意での削除請求に応じない場合、弁護士なら裁判手続への移行も円滑に進めることが可能です。

また、事実無根の口コミでクリニックの売り上げや社会的評価に甚大な影響が生じた場合には、民事での損害賠償請求の交渉や訴訟、場合によっては刑事告訴することが考えられます。

弁護士にご依頼いただければ、これら一連の手続をワンストップで対応することが可能です。

弁護士による削除請求の流れ

弁護士にご依頼いただいた場合、まずは問題となる投稿箇所を特定したうえで、任意での削除請求を行います。

任意で削除に応じてもらえるまで2週間ほどかかるのが一般的ですが、削除に応じてもらえないとしてもその旨の通知があるわけではありません。

そこで一定の目処を決めて反応がなければ削除の仮処分などの法的措置をとり、裁判所にGoogleマップの口コミが違法であるという判決を出してもらいます。

弁護士ができるサポート

弁護士にご相談いただくことにより、法的に削除の見込みがどのくらいあるのか判断し、削除のための手続や刑事告訴を行うことができます。

また、たくみ法律事務所であればWEBマーケティングを専門とするスタッフが法的手段以外の方法を検討しご提案することもできます。

ご来所はもちろん、電話やZOOMなどリモートでの相談も可能ですので、遠方の方でもお気軽にご相談いただけます。

初回のご相談料は無料です。

最後に

弁護士野中

Googleマップの口コミでお悩みの方のクリニックの方を対象に、弁護士による無料診断を実施しております。

弁護士がスクリーンショットなどを確認し、削除の可能性がどれだけあるか回答いたします

弁護士による無料診断をご希望の方は無料診断フォームからお気軽にお問い合わせください。

削除請求 無料診断フォーム

関連記事

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約