契約書の作成

意外に落とし穴の多い契約書

  • 新規顧客と取引をすることになり、相手が用意した契約書にそのままサインした
  • ずっと昔に結んだ契約書があるけど、これまで問題になったことはないのでそのままでいいか
  • 契約書をチェックしてもらわなくても取引はできるから大丈夫

このような話を経営者や企業の法務担当者の方から聞くことがあります。

しかし、これは非常に怖いことです。

ビジネス

契約書の内容が双方にとって平等ではないケースは多く、相手が作成した契約書にそのままサインするのは大変危険です。

また、契約書の内容が現行の法律にあっていなかったり、契約書の内容が不明確であったりすることで、契約に関するトラブルは日常的に発生しています。

契約書の効果は想像している以上に強く、一度締結した契約書の内容を変更するためには双方の合意が必要です。

有利な内容の契約書を締結した相手は簡単には変更に応じてくれません。

契約書の役割とは、契約の成立や内容を証明するといったことに加え、「契約条件」「問題が起きたときの解決方法」を明確にしておくことが挙げられます。

関係が良好なうちは契約書に不備があったとしても実際上は問題になりませんが、一度関係が悪化しトラブルになった際には、契約書の不備が貴社に大きな不利益を与えかねません

ですので、契約書締結の時点からしっかりとした内容の契約書を取り交わしておくべきなのです。

契約書チェックのポイント

弁護士向井・澤戸

契約書は、重要な点に限っていえば見るべきポイントが限られています。

  • 契約違反の場合にどうなるのか?
  • 契約の適用範囲はどこまでか?
  • 取引条件が詳細かつ明確に記載されているか?

契約書を交わす場合には、上記の3点は最低限確認し、不明な点があれば積極的に確認し、相手との交渉が上手く進まない場合には弁護士にご相談ください。

少しでも不安だという場合は、容易に契約をせず、予め弁護士にご相談ください。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み