ご相談企業様について

業種

通信販売業

規模(従業員数)

11~50名

ご相談に至った経緯

ご相談企業様では、元従業員より弁護士を通じて未払い残業代の請求が届きました

就業規則もテンプレートでしか作成していなかったため、高額の残業代を請求されていました。

元従業員側の弁護士より書類開示を求められているので、今後の対応について相談したいとのことでご来所されました。

ご相談内容

「未払い残業代の請求についての対応を聞きたい。」

「就業規則について整理したい。」

弁護士からのアドバイス

弁護士壹岐

「管理監督者となっているから残業代は払わなくてよいはずでは?」というご相談でしたが、管理監督者の判断は管理職の判断とは異なります

一時期問題となった、いわゆる「名ばかり管理職」の問題です。

管理監督者性の判断基準について説明し、今後の労務管理体制の見直しをアドバイスしました。

関連ページ

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約