【解決実績】代金の支払いを確保するため、ひな型ではない契約書の作成

代金の支払いを確保するため、ひな型ではない契約書の作成

事案概要
X株式会社がY株式会社に商品を売るにあたり、Y社が代金を確実に支払ってくれるか不安があったことから、契約書の作成を依頼された事案。

事件の流れ

①相談・受任

弁護士向井・澤戸

X社は、これまでにもY社と取引がありました。

しかし、今回は、代金額が過去の実績と比べて高額だったため、代金の回収に不安が残りました。

代金を確実に回収できるようにしたい。

そう考えたX社から、ご相談を受け、契約書の作成をご依頼いただいたため、受任しました。

②当事務所の活動

向井智絵

契約書を作成する場合、買主が代金を払わないときに備えて、様々な規定を盛り込みます。

例えば、買主の土地建物に担保をつける、買主がもっている売掛金債権に担保をつけるといったものが考えられます。

ただし、契約書に盛り込むべき規定は、事案ごとに異なります。

常に、その事案において最適な手段は何であるかを考える必要があります。

今回は、商品や代金額、納期だけでなく、Y社との取引履歴、今後も取引を続けるかどうか、Y社の資産の有無・内容などを確認しました。

X社としては、今後もY社と取引を続ける予定でした。

また、なるべく早く契約書を取り交わしたいという事情もありました。

③サポートの結果

今回は、連帯保証人を付すという形で履行確保を図った契約書を作成しました。

担保となりそうな不動産が少なく、交渉にも時間がかかると予想された一方で、連帯保証人を付す場合は、連帯保証人が署名・押印するだけで済み、素早く対応できるためです。

所感

弁護士澤戸

契約書は、会社の利益を守るための大事な書類です。

ネット上のテンプレート(ひな型)契約書では、いざ問題が発生したとき、対応しきれない事態が生じる可能性が高いです。

私たちは、企業様と相手方の現状、周囲の状況などをよくお聞きした上で、最適な内容の契約書を作成いたします。

是非一度ご相談ください。(契約書の作成のポイントはこちら)

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み