ご相談企業様について

業種

製造業

規模(従業員数)

11名~50名

ご相談に至った経緯

ご相談企業様では、数か月後に新たな事業の開始を予定しており、そのためにインターネット上のひな形を元にして契約書や約款を作成しています。

その内容が法律的に問題ないのか専門家によるチェックが必要であるとお考えになったことから、インターネットで当事務所をお知りになり、ご相談にお越しいただきました。

ご相談内容

「契約書チェックの弁護士費用を知りたい。」

「顧問契約の内容について教えてほしい。」

弁護士からのアドバイス

弁護士向井智絵

インターネット上のひな形を元に作成された契約書や約款は個別の事情が考慮されていないため、そのまま使用すると思わぬトラブルの原因になることがあります。

そこで、契約書は弁護士に作成やリーガルチェックを依頼することをお勧めいたします。

当事務所では、契約書の作成は20万円から、リーガルチェックは10万円から承っております。

また、顧問契約を締結していただくことにより契約書以外の日常的な法律問題も弁護士にご相談いただくことが可能です。

その場合は毎月の顧問料を契約書作成・チェック費用に充当していただくことができます。

関連ページ

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約