ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 弁護士コラム

弁護士コラム

歩合制の導入時における法律上の注意点(成果主義導入・見直しマニュアル④)

導入時の法律問題 今回で成果主義導入・見直しマニュアルは最終回です。 最終回は、これまで説明した成果主義的賃金導入時の法的な注意点について解説します。 これまで歩合給導入のメリット・デメリットについて説明してきましたが、 …

「育休復帰、即転勤」でカネカが炎上!従業員への配転命令が違法となるのはどんなとき?

2019年4月、SNS「Twitter」に次のようなツイートが投稿されて話題になりました。 信じられない。夫、育休明け2日目で上司に呼ばれ、来月付で関西転勤と。先週社宅から建てたばかりの新居に引越したばかり、上の息子はや …

退職代行業者が従業員の退職の意思を伝えてきたときに会社がとるべき対応

この1年ほどで良く聞くようになったものの一つに「退職代行」があります。 勤務先に退職の意思を伝えることができない従業員が、数万円の料金で退職代行業者に依頼し、退職代行業者が勤務先へ退職の意思を伝えるというものです。 この …

歩合給の設計方法を徹底解説(成果主義導入・見直しマニュアル③)

歩合の割合は何%まで?? 歩合給には、給料の全額を歩合給とするパターン(フルコミッション)と、給料の一部を歩合給とするパターン(固定給+歩合給)の2種類があります。 給料のすべてを歩合とするのか、給料の一部を歩合とするの …

「問題社員に辞めてもらいたい」と思ったときの退職勧奨のポイント

解雇はリスクが大きい 「勤務態度や成績が悪い」「期待していた成果を上げてくれない」「職場環境を乱す」 このような社員に対しては、指導を行い、改善を促すこととなりますが、それでも改善が見られず、雇用契約を維持することが難し …

裁判のIT化で何が変わるのか?

IT化が進んでいない日本の裁判 5月17日の日経新聞に、「裁判、デジタル化へ 最高裁、争点整理をネット上で」という見出しの記事が掲載されました。 裁判手続等のIT化は、内閣総理大臣等を中心とする未来投資会議において、20 …

なぜ今「成果主義」か(成果主義導入・見直しマニュアル②)

AI時代に成果主義が求められる理由 AI時代に求められている人材 今後、今まで人間が行ってきた様々な業務がロボットやAI、ITへ代替されていくと言われています。 これまでの単純作業の価値は低下し、ロボットやAIでは創造で …

オリンピックに向けて受動喫煙対策が強化!会社がとるべき対策は?

2018年7月に健康増進法が改正され、2020年4月1日から全面施行されます。 2020年の東京オリンピック・パラリンピックにより外国人旅行者が増えることが見込まれるなか、受動喫煙を防止することが本改正の趣旨です。 具体 …

残業代(割増賃金)を定額の手当として支払っているのに残業代として認められない!?

働き方改革で法改正がされるなどし、労働者の残業削減や残業代支払いに対する関心が高まっています。 このような社会情勢の中、残業代を残業代以外の名称で定額の手当として支払っている会社はよく見られます。 しかし、裁判所がそのよ …

取締役の個人責任~会社が倒産した時に取締役個人の財産はどうなる?

弁護士が経営難に苦しむ会社の経営者からよくご質問をいただくのが、会社が倒産したときに取締役はどのような法的責任を負うのかという疑問です。 このコラムでは、会社が倒産した際に取締役が責任を負うのはどのような場合なのか、弁護 …

« 1 2 3 10 »
PAGETOP
メルマガ登録 お問い合わせ メルマガ登録