ご相談企業様について

業種

製造業

ご相談に至った経緯

経営計画がなく、今後の事業の進め方などに不安を抱いている経営者様からの相談でした。

どのように解決に至ったか

財務情報や契約関係、外部環境、内部環境について調査を行い、経営陣などからのヒアリングも踏まえて、5年間の中長期経営計画を策定いたしました

具体的な経営計画の策定においては、経営者様と協議を行ったうえで「社長の思い」を出発点にいたしました

弁護士のコメント

弁護士壹岐

経営計画とは、自社の経営目標と目標達成するための具体的行動をまとめたもので、いわば企業経営のロードマップです。

企業の外的・内的環境が絶え間なく変化するなか、行き当たりばったりで行動するのではなく、将来を見据えた意思決定をするための指針となるのが経営計画です。

経営計画がなければ企業が成長できないわけではありません。

むしろ計画の策定や「戦略」の立案ばかり先行して、「実行」を軽視する企業は非常に多いです。

だからこそ、経営計画を立てる際には会社の実情や市場の動向を正確に把握し、実行可能な計画を立てる必要があります。

また、経営者のみならず従業員にも経営計画を十分に理解させ、組織全体を巻き込んで計画を実行していくためのコミュニケーションも求められます。

今回は経営者様ご自身に会社の経営方針やビジョンについてじっくり考えていただき、その思いを反映させた経営計画を策定いたしました。

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約