契約書作成の必要性

契約書作成は取引相手との有効な関係を構築するためにも必要なことです

ビジネス

企業同士の取引では、様々な場面で日常的に契約が交わされています。

ところが、実際のところ契約書が作成されない場合も多くあります。

  • うちの業界は信用取引が普通だから
  • 今まで特に問題が起きていないから、契約書なんて作らなくても大丈夫
  • 契約書の作成をすると相手に不信感を抱いていると思われるので作らない

という理由で作らないことも少なくないのではないでしょうか。

たしかに、契約は当事者の口約束でも成立します。

しかし、民法改正に伴い保証契約については契約書の作成が必須ですし、それ意外にも、契約書等の作成が必要とされる場合があります(割賦販売法4条、宅地建物取引業37条、農地法25条1項、建設業法19条など)。

例年、当事務所にも契約書を作成していなかったことが原因でのトラブルの相談が数多く寄せられています

いざトラブルが起きて、「こういう内容の契約だったんです!」と叫んでみても、それを裏付ける重要な証拠である契約書が存在しなければそれを証明することができません

裁判になっても事実に反して負けてしまうこともありえます

そのため、

今までは大丈夫だから今後も契約書を作成しない

ではなく、

今後なにが起こるかわからないから、リスクを最小限にするために

契約書を作る必要があるのです。

また事前に契約書が作成されていれば何か問題が起きてもその契約書の条項に従って処理すればよく、取引相手との円満な関係が維持できることもあります。

取引相手のことを思って契約書を作成しないということは、一見誠実なように見えますが、実際にはむしろ不誠実といえる場合があるのです。

契約書の作成は、取引相手との友好な関係を継続するためにも必要といえるのです。

業種別契約書の雛形・注意点

契約書について

1 契約書の作成について
2 契約書作成の必要性について
3 契約書作成のポイント
4 契約書に関する法律相談費用

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み