弁護士江藤豊史

2020年4月24日(金)、運送業向けのセミナー「~それでも物流は止まらない~ 運送業における新型コロナウイルス対応」を開催し、弁護士江藤 豊史が講師を務めました。

今回はテレビ会議システムを利用したオンラインセミナーとして開催いたしました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、運送業界にも大きな影響が出ています。

今、第一に考えるべきことは、感染防止対策を徹底して安全配慮義務を果たし、従業員等の命と健康を守ることです。

そのうえで、自宅待機命令を出した場合の休業手当の支払いや、従業員が感染したときの対応、整理解雇をしなければいけなくなったときの手続等について検討する必要があります。

今回のオンラインセミナーでは、これらのポイントについて具体的な事例を交えながら解説いたしました。

ご参加いただいた皆様からは以下のようなご感想をいただきました。


今考えなければいけない事を話して頂けたので、大変満足しております。 対応マニュアルの作成を急ごうと思います。


雇用を守るということを大前提として展開されているところに共感。ディスカッション形式ができる工夫ができれば尚良いと思いました。


会社側の初動の参考になった。今後の対応の指針にもなる貴重な情報でした。


実例から問題点を読み解くことができ、とても分かりやすい内容でした。


直近のニュースも取り入れて頂いて想像しやすかったです。


新型コロナウイルスに関わる法律問題でお困りの方はお気軽に弊所へご相談ください。

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約