ご相談企業様について

業種

IT業

相談に至った経緯

企業向けにITツールの代理店業務および導入支援業務をしている企業から、お客様と締結するシステム開発関連の契約書を見直したいというご相談をいただきました。

どのように解決に至ったか

現在使用している契約書のチェックを行ったところ、定型的な契約書を部分的に修正しただけのもので実態に沿った内容になっていないことがわかりました。

そこで新たに契約書を作成しなおすことをご提案し、ご依頼をいただきました。

弁護士のコメント

弁護士壹岐

当事務所ではIT企業の顧問先もあり、IT関連の契約書に関するご相談やご依頼をいただくことは少なくありません。

一口にIT関連の契約書といっても、システム開発契約書、代理店契約書、ASP利用契約書など種類は様々です。

それぞれの契約において生じやすいトラブルを想定したうえで、ポイントを押さえた契約書の整備を行う必要があります。

代理店契約においては、売主との力関係により、代理店の立場から修正を求めることができる部分とできない部分があります

そこで「是非修正したい条項」「修正することが望ましい条項」というように、条項によって提案レベルを分けて修正案を作成いたしました。

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約