ご相談企業様について

業種

人材派遣業

ご相談に至った経緯

相談

当事務所と顧問契約を締結していただいているクライアント企業様からのご相談です。

クライアント様では、有期雇用の派遣労働者に対し、労働条件通知書兼就業条件明示書の雛形を使用して労働条件及び就業条件の通知を行っていました。

しかし、労働局の監査を受け、内容を修正すべき条項があるという指摘を受けました

この修正が法的な観点から必要か弁護士の意見がほしいとご相談をいただきました。

解決までの流れ

弁護士澤戸

弁護士がお送りいただいた労働条件通知書兼就業条件明示書の雛形の内容を確認したところ、労働局の指摘のとおり、派遣法及び労働基準法の規定に抵触している可能性がある条項がございました。

そこで、修正すべき内容とその理由をまとめた意見書を作成し、資料として厚生労働省が公表している就業条件明示書及び労働条件通知書の各サンプルを添付してお送りいたしました。

顧問契約をいただいているクライアント様からのご依頼でしたので、お問い合わせをいただいた当日中に以上の対応いたしました

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約