※当記事は2017年1月時点の法令等に基づいて執筆されています。


弁護士桑原・向井

個人の根保証制度について、民法の改正がなされる予定です。

現行民法では、貸金等を主たる債務とする個人の根保証契約については、極度額を定めなければ無効とされています。

改正案では、これを貸金等に限定せず、個人の根保証契約については全て極度額を設けなければ無効となるとされています。

中小企業の取引にかなりの影響を与えると思われますが、特に不動産賃貸業や賃料保証業への影響は大きいのではないかと思われます。

不動産賃貸においては、借主のほかに、個人の連帯保証人を要求している例が多いかと思いますが、この連帯保証債務も根保証契約となりますので、改正の影響を受けます。

すなわち、借主の連帯保証人に対して、書面で極度額を明示したうえで署名押印をもらわなければなりません。

あまりに低い極度額を設定してしまうと、極度額を超える未払い賃料や原状回復費用が生じる可能性がありますし、逆にあまりに高い極度額を設定してしまうと保証を拒否される例が増えることになるかと思われます。

個人根保証契約に関する条項以外でも、民法改正により不動産賃貸業務(賃料保証業務)に影響を与えるポイントがいくつかありますが、詳しくは当事務所までお問い合わせください。

民法改正に伴う契約書チェックプラン

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約