弁護士野中

誰でも口コミを投稿でき、口コミを元にユーザーがサービスを比較できる口コミサイトが増えています(「ポータルサイト」と呼ばれることもあります。)

病院・クリニックも例外ではなく、「EPARK」、「Caloo」といった口コミサイトで病院選びをする人が増加しています。

このような口コミサイトは病院名や地域名・診療科名で検索したときに上位表示されることも多いです。

そのため、ネガティブな口コミや病院やスタッフを誹謗中傷する悪質な口コミを投稿されてお困りの先生も多いのではないでしょうか。

病院・クリニックを選ぶときに口コミを重視する人は多く、たとえ1件の口コミでも経営への影響は無視できません。

この記事では、病院・クリニックの経営者様を対象に、口コミサイトでの誹謗中傷を解決する方法についてご説明いたします。

法的な手段

誹謗中傷被害に遭ったときにまず検討すべきことは、法律的な手段による対処です。

口コミサイトに悪質な投稿がされたときの法的手段として、

  1. 削除請求
  2. 損害賠償請求
  3. 発信者情報開示請求

があります。

いずれの手続でも、専門家が法律の知見に基づいて説得力のある主張を行うことが問題解決のために不可欠です。

削除請求

サイトの管理者や投稿者本人など投稿を削除する権限を有する者に対し、交渉または裁判手続により削除を求める手続です。

損害賠償請求

誹謗中傷によって営業上の損害や精神的損害が生じたときに、投稿を行った本人に対して損害の補填を求める手続です。

発信者情報開示請求

削除請求や損害賠償請求を行うために投稿者の氏名や住所を特定するための手続です。

誹謗中傷対策には技術的な対応も不可欠

ネットの口コミ

法的手段によって悪質な口コミを削除し、問題を解決できることもあります。

しかし病院・クリニックに対する口コミの削除請求は、その専門性の高さゆえに法的措置だけでは100%の解決が難しいケースも多いのが現実です。

その理由は主に2つあります。

投稿の内容が事実か否かを判断すること自体が難しい

たとえば「飲食店の店員に暴言を吐かれた」という口コミであれば、目撃者の証言などからそれが事実かどうか判断することは難しいことではないでしょう。

これに対して病院・クリニックの口コミでは、「○○の症状で診察を受けたのに、何の効果もないAという薬を処方された」というように診療行為の内容に関するコメントがされます。

この場合、サイト管理者や裁判官が削除の可否を判断するためには「○○の症状に薬Aは効果があるのか、ないのか」という医学的な知識が必要となります。

このように病院・クリニックのサービスは事実かどうかの判断が微妙であることが少なくありません

口コミサイトの性質上、個人的な意見の削除が難しい傾向がある

口コミサイトは、ユーザーが自身の体験談や感想を自由に投稿し、共有することで成り立っていますので、もし個人的な意見を全て削除してしまうと、サイトそのものが成り立たなくなります

そのため、口コミサイトの運営者は意見の削除に消極的になりがちです。

このような理由から、病院・クリニックの誹謗中傷対策では、法律的な措置だけでなく逆SEOなどの技術的な措置を併せて行うのが効果的です。

逆SEOとは

逆SEOとは、特定のサイトを目立たせなくするための対策をいいます。

検索エンジンでは、2ページ目以降に表示されるサイトは1ページ目にヒットするサイトと比べて閲覧率が大幅に下がると言われています。

つまりネガティブサイトの順位を2ページ目以降に押し下げることができれば、インターネット上に情報が残っていても、それを実際に目にする人の数を減らすことができます

たとえば「福岡 〇〇クリニック」というキーワードで1ページ目にネガティブな投稿がされた口コミサイトが表示されてしまうケースを考えてみましょう。

この場合、「福岡 〇〇クリニック」というキーワードでポジティブな情報を表示させるための対策を行うことで、口コミサイトの順位を下げ、ユーザーがネガティブな情報に触れなように対策します。

これが逆SEOです。

逆SEOにより、法的な手段で口コミの削除が難しい場合であっても誹謗中傷による被害を最小限に抑えることできるだけでなく、新たな集客に繋げることもできます。

関連記事

誹謗中傷対策を誰に依頼するか

インターネット上の誹謗中傷を解決できると謳う業者は多くあります。

中には、弁護士以外の業者が「口コミの削除ができる」と宣伝しているケースもあります。

しかし、弁護士以外の業者が当事者を代理して削除請求を行うことは非弁行為という違法行為に他なりません

そのような業者に削除請求を依頼すれば、違法行為に加担することになるだけでなく、口コミの削除や誹謗中傷の解決という目的も達成できないおそれがあります。

また、法律事務所だからといってインターネット上の誹謗中傷の問題に精通しているとは限りません。

たくみ法律事務所には、インターネット上の誹謗中傷の解決に関する知識とノウハウを有する弁護士が所属しています。

また、たくみ法律事務所の代表弁護士である宮田卓弥が代表者を務める株式会社タクミには、インターネットに関する技術的な知識を有する専門スタッフが所属していますので、逆SEOにも対応が可能です。

インターネット上の誹謗中傷でお困りの方は、たくみ法律事務所、株式会社タクミにお気軽にご相談ください。

関連記事

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約