ネットの口コミ

爆サイは地域密着型の掲示板で、夜の水商売(キャバクラやホストクラブなど)に関する口コミが多く投稿されています。

この記事をお読みの方の中には、爆サイに誹謗中傷を書かれてお困りの経営者の方や、水商売をしていたことを隠していたが爆サイの投稿で身元をさらされてしまった方がいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、爆サイの投稿を削除する方法について弁護士が説明いたします。

誹謗中傷を放置しているとどうなる?

インターネット上の誹謗中傷を放置しているとさまざまな支障が生じます。

個人の場合

  • お客様に誹謗中傷の内容を知られ、営業上の損害が生じる
  • 知人や仕事仲間から不信感を抱かれる
  • 実名や自宅の住所など個人情報が拡散され、嫌がらせがエスカレートする

企業やお店の場合

  • 営業上の損害が生じる
  • 取引先や従業員から不信感を抱かれる
  • 採用が困難になる

爆サイで誹謗中傷されたらまず何をすべき?

まずは誹謗中傷に当たる投稿がされたページのURLを記録するとともに、爆サイで誹謗中傷がされたという証拠を残してください。

該当の箇所を印刷するか、スクリーンショットを撮ることで簡単に証拠に残すことができます。

誹謗中傷の削除請求を弁護士に依頼すべき理由

弁護士野中

爆サイで誹謗中傷がされたときの相談先として、①警察、②依頼代行業者、③弁護士が考えられます。

警察は無料で相談することができますが、事件性がなければ動いてくれません。

依頼代行業者の中には、非弁行為と呼ばれる違法行為を行う悪徳業者もあります。

弁護士であれば、法律的な主張に基づいて誹謗中傷の削除請求を行うことが可能です。

削除請求は自分で行うこともできますが、ご自身の誹謗中傷が並ぶ掲示板を相手に削除請求を行うのは精神的に疲弊するものです。

弁護士にご依頼いただくことにより、そのような煩わしい手続を全て任せることができ、精神的な負担からも解放されることができます

掲示板によっては、削除請求をすることで炎上し、さらに被害が拡大するリスクも考慮する必要があります。

弁護士にご依頼いただくことにより、誹謗中傷を削除できる見込みがどれだけあるか、削除請求をしたときのリスクはあるかといった点を検討することが可能です。

また、弁護士は削除請求だけでなく損害賠償や刑事告訴にも対応することができます。

さらに、たくみ法律事務所なら、WEBマーケティングを専門とするスタッフが法的な措置以外の対策を検討することが可能です。

電話やZOOMなどリモートでの相談も可能ですので、遠方の方でもお気軽にご相談いただけます。

最後に

水商売においてインターネット上の投稿の影響力は無視できません。

匿名でされた誹謗中傷だからといって簡単に諦めることはありません

専門的知識を有する弁護士が、法律上の措置が可能か検討いたします。

爆サイで誹謗中傷を見つけたときは、お一人で悩まずにお気軽に弊所にご相談ください。

誹謗中傷対策 無料診断フォーム

関連記事

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約