景品規制

景品規制について

弁護士壹岐・弁護士櫻井

商品やサービスを売る際、景品をつけて訴求力を高めることは、消費者にとっても有益です。

しかし、景品の価格があまりにも高額となった場合、事業者が景品のコストを商品・サービスに転嫁すれば、結果として景品に惑わされた消費者が不利益を被ることになります。

このため、景品表示法は景品について次のような規制を加えているのです。

①共同懸賞

共同懸賞とは、くじやじゃんけんなどの偶然性、クイズや競技などの優劣によって、複数の事業者が参加して景品を提供する場合を言います。

この場合は景品の価格について以下の規制があります。

 最高額:30万円
 総額:懸賞に伴って発生する商品・サービスの売上予定総額の3%

②一般懸賞

一般懸賞とは、共同懸賞以外、すなわち単体の事業者が景品を提供する場合を言います。

こちらも同様に、景品の額について規制がかけられています。

(1)商品・サービスの額が5000円未満

 最高額:商品・サービスの額の20倍
 総額:売上予定総額の2%

(2)商品・サービスの額が5000円以上の場合

 最高額:10万円
 総額:売上予定総額の2%

③総付景品

総付景品とは、商品やサービス利用者、来店者などに対して必ず提供する景品をいいます。来店者に配るティッシュは総付景品です。

こちらにも金額につき規制があります。

(1)商品・サービスの額が1000円未満の場合は200円以下
(2)商品・サービスの額が1000円以上の場合は、その額の5分の1

景品規制で定められた最高額・総額は意外と小さく、うっかりと規制をオーバーすることがありえます。

この他にも例外的な規制がありますので、弁護士にご相談いただくのが安全です。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み