商標について弁護士が解説

商標について

商標とは

弁護士向井

商標とは、自社の取り扱う商品サービスを他社のものと区別するために使用するマークをいいます。

商標にはいくつかの種類があります

  • 文字商標
  • 図形商標
  • 記号商標
  • 立体商標
  • 文字と図形が結合した商標
  • 文字と記号が結合した商標

商標登録のメリット

独占権と禁止権

商標登録をすると、権利を取得した商品・サービスについて、その商標を独占して使用することができます。

これを商標の「独占権」といいます。

他社は同一の商標はもちろんのこと、類似している商標も勝手に使用することができなくなります。

これを商標の「禁止権」といいます。

商標権の事前調査を怠ると?

商標は商品・サービスや企業の信用に直結するもので、それらをブランドとして保護し育てていくことは企業戦略において極めて重要です。

商標権の事前調査を怠ると、新たな商品・サービスの販売を開始しても、突然他の企業から商標権侵害を主張され、計画が頓挫するといった危険性もあります。

ビジネスと商標

たくみ法律事務所では、商標権侵害についての調査や鑑定書の作成、設計変更のアドバイスなど商標関係の予防法務サービスを行うことができます。

商標の問題でお困りの際は、当事務所の弁護士にお気軽にご相談ください

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
メルマガ登録 お問い合わせ メルマガ登録