知的財産訴訟

知的財産訴訟について

知的財産を侵害されたら?

知的財産訴訟

昨今、知的財産権の侵害に関する訴訟が後を絶ちません。

自社が権利を有する知的財産権を他社によって侵害され場合、侵害者に対して2つの請求が可能です。

一つは、相手方企業に対して権利侵害行為をやめるように求める「差止め請求」です。

もう一つは、侵害行為によって発生した損害の賠償を求める「損害賠償請求」です。

「『知らなかった』では済まされない」知的財産権侵害のリスク

一方で、自社が他企業の知的財産権を侵害していた場合には、突然、知的財産権侵害の警告書や訴状が送られてくることもありえます。

「他社の権利を侵害しているなんて知らなかった」というケースもあるかもしれません。

しかし、そのような言い訳は通用しません。

民法の原則では、権利侵害を主張する側、すなわち原告側が故意や過失を立証する必要があるとされています。

ところが特許法や商標法では、「権利を侵害した者は、その侵害の行為について過失があったものと推定する」と規定されています。

つまり、特許権や商標権は、権利を侵害を主張された側が「過失がなかったこと」を立証しなければいけないとされているのです。

まさに知的財産権侵害は「知らなかった」では済まされないということになります。

知的財産権侵害が認められれば、最悪の場合、数十億円もの莫大な損害賠償を命じられるおそれもあります。

弁護士にご相談ください

たくみ法律事務所では、損害賠償請求や差止め請求など知的財産訴訟への対応を行うことができます。

自社の権利を侵害している企業に対する警告書の送付・交渉・訴訟、新製品の開発に先立って他社の知的財産を侵害していないかどうかの調査、相手方企業から警告を受けた場合のリスクヘッジなどに対応いたします。

知的財産訴訟でお困りの際は、どうぞお気軽に弁護士にご相談ください

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

顧問弁護士契約のご相談、企業のご相談新規予約専用フリーダイヤル


メールでのお問合せはこちら


顧問契約の6つの特徴

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

PAGETOP
ニュースレター購読申し込み