株式の発行による資金調達

株式の発行による資金調達

株式発行のポイント

株価

株式の発行による資金調達は、エクイティ・ファイナンスともいわれます。

会社法の改正により様々な株式が発行できるようになりました。

ところが、発行する株式の種類の選択や、資金調達の段階における株式発行先の選択、非公開会社の株価の設定などについては十分に検討されていないケースがあります。

議決権を制限するのか、何かあった際に会社が株式を買い取ることができるようにしておくのかなど、個々の企業のニーズに応じて採りうる株式発行の手段はさまざまです。

単純に「同族会社だから譲渡制限株式」とするのではなく、将来を見据えて判断する必要があります。

株式発行による資金調達のメリットとデメリット

株主は会社の支配権を有する

株式の発行による資金調達のメリットは、自己資本となり返還義務のない資金となることです。

しかし、株式を発行するということは、株主が株主総会において議決権を有する、つまり会社に対して意見が言える立場に立つということです。

そのため、資金の必要があるというからという安易な理由で株式を発行することは避けるべきです。

内紛の可能性

さらに、同族企業で生じうる会社内で内紛の可能性も視野に入れなければいけません。

スクイーズ・アウト(少数株主の追い出し)を検討するにしても、どのような種類の株式の発行及び発行先の選択が望ましいかの判断が必要です。

株式を発行するときに考慮するべきこと

株式を発行するときには、株式発行の時期、目的、会社の事情などさまざまな要素を考慮して、メリットとデメリットを検討しなければいけません。

発行する時期が創業時なのか、成長期なのか、成熟期なのか。

株式を発行する目的は資本提携なのか、多角的経営のための資金調達なのか。

会社はいわゆる同族会社なのか、ベンチャー企業なのか、株式公開を目指す会社なのか。

株主総会の開催など、株式の発行時に法律上要求される手続をしていなかったことにより、株式発行が無効となるリスクも考慮しておかなければいけません。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

顧問弁護士契約のご相談、企業のご相談新規予約専用フリーダイヤル


メールでのお問合せはこちら


顧問契約の6つの特徴

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

PAGETOP
ニュースレター購読申し込み