破産

破産について

破産

破産とは、裁判所への破産申立により、財産を全て換価し、債権者へ配当する精算手続をいいます。

破産は、原則として事業を停止させ、従業員は全員解雇となります。

破産を申し立てるための要件として、「支払不能」と「債務超過」の2つがあります。

支払不能とは?

支払不能とは、「債務者が弁済能力の欠乏のため、弁済期が到来している債務について、一般的かつ継続的に弁済することができないと認められる客観的状態」をいいます。

「弁済能力の欠乏」は、財産、信用、あるいは労務による収入のいずれをとっても、債務を支払う資力がないことです(東京高裁昭和33年7月5日決定)。

また、「一般的に」とは、一部の債務についてのみ弁済不能な状態では足りず、全ての債務について債務者の資力が不足しているということです。

つまりは、ある特定の債務について、現時点で現金だけがなくて支払いができない場合でも、現金化できる財産によって弁済が可能である場合においては、「一般的」に弁済能力が欠乏しているとはいえません

さらに、その状態が「継続的に」生じていることが必要です。

一時的に資金繰りができていない場合には、破産原因のいう支払不能であるとはいえません。

そして、その「一般的かつ継続的に弁済することができない状態」は、「客観的」に認められる必要があります。

つまり、経営者の主観的な判断ではなく、決算書などの資料や現実の資産、負債状況から判断されなければならないということです。

支払停止

支払不能に関して重要な用語として、「支払停止」があります。

上記の支払不能の定義の説明からも分かるとおり、判断が難しく、債権者からすれば判断しづらい概念です。

そこで、「支払停止」がある場合には、支払不能であると推定するという規定になりました。

支払停止とは、「弁済能力の欠乏のために弁済期の到来した債務を一般的、かつ、継続的に弁済することができない旨を外部に表示する債務者の行為」のことで、弁護士から債権者に対する受任通知(債務整理として委任を受けた旨の連絡)、手形の不渡りや、夜逃げなどが典型例として挙げられます。

債務超過とは?

債務超過とは、債務額の合計が資産額の合計を超過していることを言います。

これは貸借対照表(バランスシート)上の計算において判断されますが、破産直前の会社は粉飾がなされている場合も多く、単純に判断できない場合もあります。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

顧問弁護士契約のご相談、企業のご相談新規予約専用フリーダイヤル


メールでのお問合せはこちら


顧問契約の6つの特徴

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

PAGETOP
ニュースレター購読申し込み