M&Aと競争法

M&Aにおける競争法

競業避止義務

市場における公正で自由な競争の実現を目指す法律を、一般に「競争法」と呼びます。

日本における競争法は「独占禁止法」です。

独占禁止法は、M&Aを行うときにも問題となる場面があります

報告義務

総資産が20億円超であり、かつ、当該会社とその国内の親会社・子会社の総資産合計額が100億円超の会社が、株式取得の結果、総資産10億円超の会社の議決権を新たに一定のラインを超えて保有することとなる場合には、報告を行わなければならないという規制があります。

合併、会社分割及び営業譲受けなどについては事前届出制度が規制されています

企業結合が禁止される場合

また、株式保有、役員の兼任・派遣、合併、会社分割及び営業譲受けなどの企業結合によって、一定の取引分野における競争を実質的に制限することとなる場合には、企業結合をしてはならないと規定されています。

小規模の企業が競争法に直面する場面は多くありませんが、このような規制についての認識も必要です。

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
メルマガ登録 お問い合わせ メルマガ登録