商標

商標について

商標とは、文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合であって、業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの等をいいます。

たとえば、スポーツ用品のナイキ、カフェのスターバックスコーヒーのマークなどがこれに当たります。

商品やサービスの名称は、それらの信用、ひいては企業の信用そのものを表すことも多く、それらをブランド(商標権)として保護し育てていくことは極めて重要です。

しかし、せっかく新製品の開発に成功したにもかかわらず、商標権の事前調査を怠ったがために、突然、他の企業から商標権侵害の警告書が送られてきてしまい、計画が中止になってしまう危険性もあります。

このような事態を避けるためには、ビジネスの初期の段階で、問題のありそうな商標の出願・登録を商標公報などであらかじめこまめにチェックしておき、問題のありそうな商標を見つけた場合には、社内で慎重に検討し、適宜信頼のおける弁護士などに相談することが必要となります。

当事務所では、依頼者様の要望に応じて、商標権侵害についての調査や鑑定書の作成、設計変更のアドバイスなど商標関係の予防法務サービスを提供させていただきます。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み