知財取引

知財取引について

知財取引とは、自社の持つ特許、実用新案、意匠、商標、著作権等の知的財産を対象として、相手方と締結する契約のことをいいます。

知財取引には、①知的財産の使用を許す代わりに、ライセンス収入を得るライセンス契約、②知的財産それ自体を他の企業へ譲渡することで代金を得る譲渡契約にとどまらず、クロスライセンス、質権設定など様々であり、その具体的内容も個々の取引ごとに異なります。

契約締結に至るまでの事前交渉が自己に不利なものとなってしまえば、確実に利益を得ることができません。

また、契約書が十分に作成されていなければ、将来無用な紛争に巻き込まれる恐れもあります。

そのため、契約締結に関する事前交渉や契約書の作成は非常に重要なものとなってきます。

企業にとって自社の知的財産権の重要性は相対的に高く、どのような方針で知的財産権を活用するかは非常に重要な企業戦略といえます。

当事務所では、専門的な知識と経験を活かし、依頼者が知的財産のライセンスや譲渡に関する取引を円滑かつ万全に行うことができるよう、知的財産のライセンスや譲渡に関する交渉・英文契約書を含む契約書のチェック等を提供させていただきます。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み