債権回収を弁護士に依頼するポイント

  • HOME »
  • 債権回収を弁護士に依頼するポイント

債権回収についてのご相談

債権回収は、早めの対応、最適な方法の選択が重要です

取引先からの支払いに関してこんな悩みはありませんか?

悩み

  • 請求しても支払ってくれない
  • 経理担当者と連絡が取れなくなってしまった
  • 多額の不良債権を抱えているという噂を聞いた
  • 税金や社会保険料を滞納しているという噂を聞いた
  • 請求するたびに「あと少し待ってくれ」「来月は大丈夫だから」などと説明されるが、全く改善しない

このような兆候が見られる場合、その取引先は信用不安を抱えているかもしれません。

もしも、取引先が破産などしてしまえば、残念ながら、債権を回収できる可能性はかなり低くなります。

こうなる前に、迅速な対応をとる必要があります。

まずは、時効により債権が消滅していないかを確認

会社が持つ債権は、通常、時効によって5年間で消滅してしまいます。

また、業種によっては、1年から3年で消滅するものもあります。

  • 貨物運送料、レンタカー代など:1年で消滅
  • 塾の授業料、柔道整復師の施術費など:2年で消滅
  • 医師の治療費、土木建築の請負代金など:3年で消滅

※ただし、職業別に時効消滅する期間を分ける規定が廃止される予定があるため、2018年頃をめどに一律5年間とされる可能性があります。

債権の時効を中断させましょう

時効の中断という言葉を聞いたことがある方もいるかと思います。

時効の中断とは、時効期間をリセットするものです。

つまり、時効の中断がされると、そこから再び時効期間を数え直すことになり、時効消滅を先延ばしできるのです。

時効を中断させる方法には、以下のようなものがあります。

  1. 電話等で交渉して一部だけでも払ってもらう
  2. 債務があることを確認する念書を作る
  3. 裁判を起こす
  4. 仮差押えや仮処分をする

請求し続けていれば時効にかからないといった話を聞かれたことがある方もいるかもしれません。

完全に間違いではありませんが、不正解です。

単に請求しただけでは、時効は中断しないのです。

法律上は「催告」といいますが、相手方に対する請求は、裁判を起こすまでのつなぎでしかありません

そのため、請求してから6ヵ月以内に裁判を起こさなければ、やはり消滅してしまうのです。

最適な回収方法の選択

債権回収の方法には、様々なものがあります。

①電話で交渉

tel

毎日電話で催促し続ければ、相手が根負けして払ってくれるかもしれません。

また、相手方に信用不安がなかった場合には、この方法をとることで、その後の取引への影響を小さいものに抑えられる可能性があります。

しかし、当然、時間と労力がかかりますし、相手が電話に出なくなる可能性もあります。

②内容証明郵便

tel

内容証明郵便とは、いつ、誰が、誰宛てに、どのような内容の文書を送ったかということについて郵便局が証明してくれるものです。

そのため、請求したということが証拠として残りますし、6ヵ月以内に裁判を起こせば、内容証明郵便が届いた時点で時効が中断します。

しかし、支払いを強制できるものではありませんので、払ってくれるかどうかは相手方次第になります。

③商品の引揚げ

判決

独断で行うのは危険です。

なぜなら、自社が納品した商品であっても、その商品を現実に支配しているのが相手方であれば、この商品を勝手に持ち出す行為は窃盗罪(刑法第235条)に当たるからです。

これを合法的に行うには、相応の準備が必要になります。

これらの方法以外にも、相殺、債権の譲渡担保、担保権の実行などの回収方法もあります。(詳しくは債権回収の方法をご覧ください。)

具体的にどの方法をとるべきかは、債権の種類、取引先の財務状況・資産、他の債権者との関係により異なります。

事案ごとに最適な方法を選択することが重要となります。

弁護士への依頼のススメ

弁護士向井・澤戸

このように、債権回収は、相手方企業の倒産や時効消滅といったリミットがある中で、最適な手段を選択する必要があるものです。

このようなことを日常業務をこなしながら行うことは、非常に困難です。

債権回収について悩みがあったら、一日でも早く弁護士に相談されることをオススメします。

行政書士や司法書士、債権回収会社じゃダメなの?

債権回収の依頼先は弁護士へ

確かに、弁護士以外にも、債権回収を手伝える業種はあります。

しかし、行政書士は、内容証明郵便などを作ってくれるだけですので、債権者自身が動かなければなりません

司法書士は、140万円以下の債権回収しか扱えません。

そして、債権回収会社は、回収できる債権が制限されている上、基本的には金融関係の会社からの依頼しか扱えません。

弁護士であれば、このような制限はありません!

たくみ法律事務所が心がける債権回収

  1. 迅速に対応します
  2. 回収額と弁護士費用とのバランスを考慮します
  3. 依頼者にとって最も利益となる方法を吟味します
    実際、事案に応じて回収方法を検討し、適切な解決を目指しております。(債権回収の実績)
  4. 分割返済の管理をいたします(たくみ法律事務所の債権回収における特徴)

この他にも、当事務所には、以下のような特徴があります。

弁護士

  • 20時まで夜間法律相談に対応
  • 企業に関する相談は、全て初回無料
  • 弁護士費用の分割払いが可能
  • 一つ一つ丁寧に対応
  • できる限り早めの予約・対応を心がけています

債権回収についてご検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

気になる費用については、債権回収の費用をご覧ください。

債権回収に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

1 債権回収の方法
2 債権の保全について
3 担保権の確保について
4 債権回収する場合の注意点
5 当事務所の債権回収における特徴
6 債権回収の解決実績
7 債権回収の費用

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み