コンプライアンス

  • HOME »
  • コンプライアンス

コンプライアンスはなぜ必要か?

コンプライアンスとは

コンプライアンスとは、直訳すると「法令遵守」を意味します。

いったん違法行為が発覚すると、刑事処分・行政処分を受けるのみならず、取引先や消費者からの信用を失い、最悪の場合には事業が継続できず倒産に追い込まれるケースも少なくありません。

この点は、ニュースでも頻繁に取り上げられているとおりです。

しっかりとしたコンプライアンス体制を整え、それが実践できていれば、問題の発生を予め防ぐことができるのはもちろんのこと、仮に問題が起きてしまった場合でも企業の責任やイメージダウンを最小限度に抑えることができます。

なぜなら、コンプライアンス体制が整っていたか、整っていたとしてどの程度機能していたかは、企業の責任やイメージダウンを判断する際に考慮される要素だからです。

また、コンプライアンス体制を整えそれを実践することは、企業の存在価値を高め、長期的に良い人材を確保し、企業の発展にします。

すなわち、コンプライアンス体制が整った企業は社会一般から「優れた企業」との評価を受け、就職・転職市場においても高い人気を誇り、能力の高い従業員が長く勤務を続けることが多いのです。

すなわち、しっかりとしたコンプライアンス体制を整え、それが実践できている企業は、問題発生のリスク最小限に抑えることができるだけでなく、社会一般から「優れた企業」との評価を得て能力の高い従業員を長期的に確保し、ひいては、事業の長期的かつ継続的な発展につながるのです。

これらの意味で、コンプライアンス体制を整え、それを実践することは現代の企業にとって極めて重要なことなのです。

コンプライアンスに関するページ

1 コンプライアンスを守るために
2 コンプライアンスが問題になるケースとは?
3 コンプライアンス違反による企業への影響
4 コンプライアンス体制の整備・実践について

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み