交通事故被害者側専門の法律事務所です

交通事故被害者側専門の法律事務所です

弁護士壹岐

たくみ法律事務所は設立以来、交通事故被害者側専門の法律事務所として活動してきました。
所属する弁護士は全員が交通事故案件に精通しており、2017年には交通事故だけで911件のご相談をいただきました。

このページでは、ご依頼をいただいた場合の私たちの取り組みの一端をご紹介します。

交通事故事件が解決に至るまでは、賠償額を左右するいくつかのチェックポイントがあります。

治療について

治療内容や通院頻度、医師に対する症状の伝え方などが不適切だった場合、それだけで適正な補償を求めることが困難になりかねません。

ですので、事故直後から弁護士が怪我の部位や程度を把握し、被害者に今後の治療についてアドバイスをいたします。

後遺障害等級申請について

治療を続けても、症状が残ってしまった場合には後遺障害申請を行う必要があります。

後遺障害の認定は基本的に提出する書面によってなされますので、後遺障害診断書作成段階時に医療機関に同行するなどしています。

また、認定に必要な検査のご案内や、認定にプラスに働く資料の収集、異議申し立てなど、適切な後遺障害等級認定を得るための努力は惜しみません。

損害賠償請求について

後遺障害についての判断が定まれば、速やかに相手方へ損害賠償請求を行います。

直ちに訴訟提起可能なほどに準備を整えて、相手方との強気の交渉を行いますので、想定された判決と同程度の示談でスピード解決できた事例も多数あります。

加えて、私たちは一般的な賠償理論だけでなく、最先端の賠償理論を常に調査検討しており、今まで常識とされてきた考えを打ち破る判決も獲得しています。

代理店サポートメニュー

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP