ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 桑原淳

タグ : 桑原淳

「問題社員に辞めてもらいたい」と思ったときの退職勧奨のポイント

解雇はリスクが大きい 「勤務態度や成績が悪い」「期待していた成果を上げてくれない」「職場環境を乱す」 このような社員に対しては、指導を行い、改善を促すこととなりますが、それでも改善が見られず、雇用契約を維持することが難し …

【社内通知文の雛形付】懲戒処分の事実を社内に公表することは違法?合法?

会社が従業員に対して懲戒処分を行ったとき、懲戒処分を受けた者の氏名、所属部署、処分の対象になった行為、処分の内容を社内で公表している会社は少なくありません。 会社にとっては、同種の行為の再発を防止し、従業員の行為によって …

業務委託契約でも労働基準法の適用を受ける?

当たり前のことですが、企業活動に人材は欠かせません。 一般的には、使用者が人材を登用しようとする場合、労働契約を締結し、人材を確保していきます。 この場合、当該人材は、労働者として、労働基準法や労働契約法をはじめとした労 …

契約社員なのに契約終了できない!?雇い止め法理について解説

契約期間の定めのある労働契約(いわゆる契約社員など)については、当初予定していた契約期間の満了とともに、雇用契約が終了することになります。 これを、雇い止めと呼んでいます。 もっとも、当初予定していた契約期間の満了の際に …

あなたの会社は大丈夫?増加するパワハラ問題―企業の責任と防止策

昨今、職場内におけるパワーハラスメント(パワハラ)がニュースなどで取り上げられています。しかし、現実的には、「パワハラ」と「業務上必要な指導・指示」との区別をどうつければよいかがよく問題となります。パワハラの類型、裁判例などを交え詳しく解説します。

公益通報者保護法が施行!ヘルプライン窓口を設置していますか?

ヘルプライン窓口の設置は売上げに直接結び付くものではないため、一見すると無駄なコストを掛けるように見えますが、法令違反行為などにより企業の存続に致命的なダメージを与える状況を回避することやパワハラやセクハラなど企業内部の問題を早期に発見し、問題が大きくなる前に解決できるなどの効果が期待できます。

民法改正と不動産賃貸業務(賃料保証業務)への影響

※当記事は2017年1月時点の法令等に基づいて執筆されています。 個人の根保証制度について、民法の改正がなされる予定です。 現行民法では、貸金等を主たる債務とする個人の根保証契約については、極度額を定めなければ無効とされ …

個人情報保護法改正案について解説

※当記事は2016年4月時点の法令等に基づいて執筆されています。 2015年9月3日に成立した改正個人情報保護法(施行は2017年9月頃)の解説です。 今回は、規制強化の側面についての解説となります。 2014年7月、ベ …

パートタイム労働者も正社員と同じ権利を持つように!

※当記事は2014年9月時点の法令等に基づいて執筆されています。 2014年4月にパートタイム労働法(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律)が改正され、2015年4月から施行されることになっています。 改正前は、 …

PAGETOP
お問い合わせ