ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 壹岐晋大

タグ : 壹岐晋大

自社でもできる債権回収―どこまで自社で?どこから弁護士?―

「取引先がさまざま理由をつけて代金を払わない」 このようなご相談は非常に多いです。 債権回収のご相談をいただいたときに弁護士が最初に検討するのは、「そもそも法律的に権利行使が可能なのか?」という点です(請求原因や相手方か …

SaaSを含むサブスクリプションサービスの契約書作成のポイント

トヨタ自動車がサブスクリプションサービス「KINTO」を発表して話題になりました。 消費者のニーズが「所有」から「利用」へと移り変わりつつあり、当事務所の顧問先企業様からいただくご相談においても、新規事業でサブスクリプシ …

2017年、改正特定商取引法が成立!改正点や今後の動向は?

2017年6月に特定商取引に関する法律の一部を改正する法律案(以下、「改正特定商取引法」)が成立・交付されました。 特定商取引法とは 特定商取引法は、いわゆる「消費者三法(特定商取引法・消費者契約法・割賦販売法)」の一つ …

給与はどうなる?地震、台風、豪雨など非常時の労務問題

コロナウイルスを巡る労務問題については、こちらをご覧ください。 日本は地震や台風など自然災害が多く発生する土地です。 九州でも、毎年の台風、熊本地震、平成29年7月九州北部豪雨、平成30年7月の豪雨、そして令和元年8月の …

専門職のトリセツ~「職人だから仕方ない」のか?~(基礎から押さえて明日から使えるマネジメント⑧)

専門職は扱いづらい? 専門職とは ある領域で高度な専門的知識を持っている「専門職」。 企業に所属する専門職の人材も増加しています。 たとえば、弁護士、税理士、会計士、社会保険労務士などの士業や、専門的知識を有するエンジニ …

2019年10月から消費税が増税!契約書はどうなる?

増税に関して契約書の対応が必要か? 7月21日に参議院選挙が終わり、予定されていた消費税増税は10月1日から実施されそうです。 消費税が8%から10%に増税するにあたって、契約書の確認も必要です。 表示の方法に応じて、対 …

歩合制の導入時における法律上の注意点(成果主義導入・見直しマニュアル④)

導入時の法律問題 今回で成果主義導入・見直しマニュアルは最終回です。 最終回は、これまで説明した成果主義的賃金導入時の法的な注意点について解説します。 これまで歩合給導入のメリット・デメリットについて説明してきましたが、 …

元号が「令和」に変わる。契約書も変わる??

新元号が「令和」に決定!「平成」表記の契約書はどうなる? 2019年の4月30日に天皇陛下が退位して30年間続いた「平成」が終わり、5月1日から新たな元号「令和(れいわ)」に改められました。 そこで気になるのが、契約書実 …

「成果主義」と「能力主義」の違い(成果主義導入・見直しマニュアル①)

4月から働き方改革関連法が施行されることもあり、賃金制度等の見直しを検討する企業から多くのご相談をいただいております。 その中に、モチベーション向上等を契機として、成果主義的賃金制度を導入されている企業や、新たに導入を検 …

リーダーシップ(基礎から押さえて明日から使えるマネジメント③)

マネジメントをテーマに話をするときに避けることができない、「リーダーシップ」が今回のテーマです。 個性やダイバーシティなどの問題が叫ばれる今日では、メンバーをまとめるスキルは複雑化するとともに、さらに重要性を増しています …

1 2 3 4 »
PAGETOP
お問い合わせ