【解決実績】セクハラで元従業員から労働審判を申したてられた(労働審判からの対応)

セクハラで元従業員から労働審判を申したてられた(労働審判からの対応)

事案概要
A株式会社の元従業員Xが、Aの代表者であるYからセクハラを受けたとして、110万円の損害賠償を労働審判で求めた事件。

事件の流れ

①相談・受任
元従業員Xから労働審判を申し立てられたことから、ご相談に来られ、受任しました。
②当事務所の活動
請求額の110万円は、セクハラの慰謝料としては高額でしたので、適正な金額での調停成立を目指して活動しました。
また、セクハラの慰謝料にはある程度相場があるので、早期解決を目指して活動しました
③サポートの結果
労働審判の第1回期日に解決金40万円で調停が成立し、受任から約40日で解決することができました。

※労働審判は、原則として3回の期日が開かれ、申立てから最終的な結論が出るまで平均して75日かかります。

今回のケースの費用

着手金:30万円(消費税別)

報酬:14万円(消費税別、別途実費)
請求額からの減額の20%が報酬になりますので、70万円(=110万円-40万円)×20%=14万円が弁護士報酬としてお支払い頂く金額となります。
※別途消費税別、実費が発生します

顧問先企業様への特典

新規ご契約の企業様

新規ご契約の企業様

すでに顧問の企業様

相談前3ヵ月間でご利用がなかった場合、3ヵ月分の顧問料は繰り越して着手金に充当することができます。

既に顧問の企業様

たくみ法律事務所の顧問契約についてはこちらをご覧ください。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み