弁護士:江藤豊史

弁護士 江藤豊史

経歴・出身

弁護士江藤豊史

大分県大分市出身です。

小学生の時に福岡県に引っ越してきてからは、行橋市や北九州市に住んでいました。

大学卒業後は、佐賀市や佐世保市で専門学校の講師として働きました。

生徒にわかりやすい授業を提供することはもちろん、生徒募集等の営業や校舎管理等の総務も経験しました。

その後、福岡地方裁判所の裁判所事務官に任官し、事件部の立会事務官として、裁判官、書記官と協働して事件処理をしていました。

裁判所職員時代の平成27年に司法試験予備試験に合格し、翌年の平成28年に司法試験に合格しました。

司法修習地は、熊本市でした。

私は、九州6県で生活したことがありますが、どの県もとても魅力あふれる県であり、九州が大好きです。

メッセージ

弁護士江藤豊史

企業経営においては、契約トラブルや雇用トラブル等、様々な法律問題が生じます。

企業で生じた法律問題を解決することは、もちろん弁護士の仕事の一つです。

しかし、そもそも、そのような問題を生じさせず、充実した企業経営を支える仕事こそ、私は、企業法務における弁護士の役割だと思っています。

弁護士として、企業を支える仕事をするためには、法律的な知識はもちろんのこと、経営に関する知識が必須です。

は、大学の時、経済学部経営学科に所属していたこともあり、法律的・経営的視点から、企業に最も有益なサービス・ソリューションを提示できるよう、日々、経済・経営学についても、研鑽を積んでいます。

何か経営に関して気になる点がありましたら、まずは、お気軽にご連絡ください。

趣味

野球と麻雀が趣味です。

どちらの趣味も、全国大会に出たことがあります(なお、どちらも一回戦負けでした)。

野球と麻雀の共通点は、一緒にプレーする人と親密になれる点にあると思います。

司法修習で熊本市にいた際には、趣味を通して、たくさんの人と出会い仲良くなることができました。

今後も、趣味を通して、たくさんの人と出会い仲良くなりたいです。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み