非正規社員による格差是正の請求

判例

今後、正社員と非正規社員の待遇に格差をつけている会社では、非正規社員から、正社員との待遇格差の是正を求められることとなる可能性があります。

というのも、正社員と非正規社員の待遇格差について、最高裁判所が解釈指針を示し、非正規社員が会社に格差是正を求めやすくなる可能性があるからです。

最高裁判所が解釈指針を示すと見られているのは、2件の裁判です。

その2件の裁判は、契約社員が、会社に対し、正社員との待遇格差が不合理な差別であり、労働契約法20条に違反するとして、損害賠償などを求めているものです。

以下では、2件の事件の概要とこれまでの裁判の流れを解説します。

長澤運輸事件

概要

運送

横浜市の運送会社「長澤運輸」と、定年後に嘱託社員として再雇用されたトラック運転手との間の裁判です。

嘱託社員となったトラック運転手らは、会社に対し、正社員との賃金の差額分の支払いなどを求めています。

その理由は、定年の前後で仕事内容が変わらないにもかかわらず、嘱託社員だからという理由だけで、正社員のときよりも賃金が減額されたのは不合理であり、労働契約法20条に違反するというものです。

主な争点

主な争点は、定年後に再雇用された嘱託社員の賃金を引き下げることの是非です。

地方裁判所(地裁)と高等裁判所(高裁)の判断

地裁の判断と高裁の判断は、結論が正反対となりました。

地裁

  • 正社員と嘱託社員の賃金格差は不合理
  • 嘱託社員の賃金規定は、労働契約法20条に違反して無効。
  • 嘱託社員にも正社員の賃金規定が適用される。
  • 嘱託社員にも正社員と同じ賃金が支払われなければならない

高裁

  • 諸事情を総合考慮した結果、本件では、正社員と嘱託社員の賃金の差別は不合理とは言えず、労働契約法20条に違反しない。
  • よって、嘱託社員の請求は認められない(請求棄却)。

ハマキョウレックス事件

概要

浜松市の物流会社「ハマキョウレックス」と、有期契約社員である配車ドライバーとの間の裁判です。

この配車ドライバーは、会社に対し、無事故手当や作業手当、住宅手当等の各種手当の支払いなどの点で正社員と不合理な差別をされているとして、正社員との差額分の支払い等を求めています。

ハマキョウレックスでは、無事故手当や給食手当、住宅手当、皆勤手当、家族手当は正社員にのみ支給され、通勤手当は正社員と有期契約社員とで支給基準に差が設けられていました。

主な争点

争点は多岐にわたりますが、ここでは正社員と有期契約社員との間に各種手当の支給の点で格差を設けることの是非に絞ってお話します。

地裁と高裁の判断

こちらの事件も、やはり、地裁と高裁の判断が分かれました。

地裁

  • 「通勤手当」の支給基準の差別は不合理で、労働契約法20条に違反。
  • 有期契約社員にも、正社員と同じ基準で通勤手当を支払わなければならない
  • その他の手当については、不合理な差別ではない(支払う必要なし)。

高裁

  • 「無事故手当」、「作業手当」、「給食手当」、「通勤手当」についての差別は不合理であり、労働契約法20条に違反。
  • これらの手当については、有期契約社員に対しても、正社員と同じように支払わなければならない
  • その他の手当については、有期契約社員には適用されない(支払う必要なし)。

要注意! 結論はまだ決まっていません!

検討

長澤運輸事件の高裁判決では、定年後に再雇用された嘱託社員について、定年前よりも賃金を減額しても違法ではないと判断されましたが、最高裁が同じ判断をするかは不透明であり、結論が変わる可能性もあります

また、ハマキョウレックス事件の高裁判決で不合理な待遇差別には当たらないとされた手当についても、最高裁で判断が変わる可能性があります。

さらに、今後、最高裁の判断が示された場合でも、そこで適法とされた手当と同じ名前の手当であれば差別をしても大丈夫と安易に考えるのは危険です。

会社ごとに、手当の趣旨や支給実態をチェックされ、ケースバイケースで判断されると考えられるからです。

ただし、通勤手当や食堂等の施設の利用、安全管理については、特段の理由がない限り、不合理な待遇差別と判断される可能性があります

そのため、もし、これら通勤手当等について正社員と非正規社員との間で待遇差別をしている場合には、早い段階で是正を図っておくことが望ましいでしょう。

最後に

弁護士澤戸博樹

最高裁の判断は、5月か6月頃に示される見通しです。

2つの事件の判決に注目し、判断が示されたら素早く対応できるよう準備しておくのが良いでしょう。

関連ページ

弁護士澤戸 博樹

静岡県出身。
大学卒業後、民間企業で営業職を経験後に弁護士登録。
営業マンとしての経験を活かし、ビジネスの目線を持って敷居は低く、フットワークは軽く、依頼者のご要望に応えさせて頂きます。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約