弁護士費用の目安

  • HOME »
  • 弁護士費用の目安

弁護士費用の目安のご紹介

このページでは、過去に当事務所が取り扱った事例を元に、当事務所にご依頼いただいたときの弁護士費用の目安をご紹介させていただきます。

ご依頼いただく内容にによって費用は変動しますので、詳細は初回無料相談の際に担当弁護士にお問い合わせください。

契約書作成・チェックの費用例 人事・労務問題の費用例
債権回収の費用例 会社法の費用例

契約書作成、契約書チェックの弁護士費用例

契約書チェック(定型的な契約)
・売買契約書のリーガルチェック
[弁護士費用の目安]3万円前後

契約書チェック(非定型的な契約)
・事業譲渡契約書のリーガルチェック
[弁護士費用の目安]5万円前後

契約書作成(定型的な契約)
・業務委託契約書の作成
[弁護士費用の目安]10万円前後

契約書作成(非定型的な契約)
・フランチャイズ契約書(新規事業:A4-20枚程度)の作成
[弁護士費用の目安]20万円前後

人事労務(解雇・残業代・就業規則・セクハラ等)の弁護士費用例

解雇(交渉で解決)
・解雇した従業員から解雇無効と未払給与の支払いを求められた
・ご依頼後2ヵ月か月経過後、和解となった
[弁護士費用の目安]30万円前後(着手金:20万円、報酬:10万円)

解雇(裁判で解決)
・解雇した従業員から解雇無効と未払給与の支払いを求める裁判を起こされた
・ご依頼後6ヵ月経過後、裁判で和解となった
[弁護士費用の目安]70万円前後(着手金:40万円、報酬:30万円)

残業代(交渉で解決)
・解雇した従業員から解雇無効と未払給与の支払いを求める裁判を起こされた
・ご依頼後6ヵ月経過後、裁判で和解となった
[弁護士費用の目安]70万円前後(着手金:40万円、報酬:30万円)

残業代(労働審判で解決)
・退職した従業員から未払残業代300万円の支払いを求める労働審判を申し立てられた
・ご依頼後3ヵ月後経過後、和解となった
[弁護士費用の目安]50万円前後(着手金:30万円、報酬:20万円)

セクハラ・パワハラ(交渉で解決)
・従業員からハラスメントを理由に300万円の支払を求められた
・ご依頼後2ヵ月経過後、和解となった
[弁護士費用の目安]30万円前後(着手金:20万円、報酬:10万円)

セクハラ・パワハラ(労働審判で解決)
・従業員からハラスメントを理由に300万円の支払を求める労働審判を申し立てられた
・ご依頼後3ヵ月経過後、和解となった
[弁護士費用の目安]50万円前後(着手金:30万円、報酬:20万円)

団体交渉アドバイス
・従業員が加入する労働組合が賃上げの団体交渉を申し入れてきた
・団体交渉に先立ち、対応のアドバイスをしました
[弁護士費用の目安]顧問料の範囲内(ただし、その他業務と合わせて時間制限あり)

団体交渉立ち会い
・従業員が加入する労働組合が賃上げの団体交渉を申し入れてきた
・弁護士が団体交渉に2回立ち会いました
[弁護士費用の目安]30万円程度(事前打ち合わせ含む)

就業規則作成・変更
・就業規則を新たに作成したい、変更したい
・ご依頼後1ヵ月で完成
[弁護士費用の目安]20万円前後

債権回収の弁護士費用例

請求側・債権の存否に争いなし・示談交渉
・300万円の貸金返還請求事件(借入の事実について争いなし)
・内容証明の作成、2ヵ月程度の交渉にて一定額を回収
[弁護士費用の目安]30万円前後

請求側・債権の存否に争いなし・調停
・150万円の損害賠償請求事件(債権の存在については争いなし。金額について争いあり。) 
・調停で交渉、調停にて半年程度で解決
[弁護士費用の目安]40万円前後

請求側・債権の存否に争いなし・裁判
・300万円の請負報酬金請求事件(報酬の支払義務については争いなし。仕事の完成・瑕疵等について争いあり)
・裁判にて、半年程度で和解成立。一定額を回収。
[弁護士費用の目安]50万円前後

請求側・債権の存否につき争いあり・裁判
・500円の貸金返還請求事件(借入の事実について争いあり)
・裁判において1年程度で解決
[弁護士費用の目安]80万円前後

請求される側・債権の存否に争いなし・示談交渉
・500万円の慰謝料請求事件(支払い義務自体に争いなし)
・半年程度の交渉の後、一定額を減額して示談
[弁護士報酬の目安]30万円前後

請求される側・債権の存否に争いなし・裁判
・300万円の貸金返還請求事件(返済義務につき争いなし)
・裁判にて半年程度で解決
[弁護士費用の目安]50万円前後

請求される側・争いあり・裁判
・500万円の損害賠償請求事件(賠償義務につき争いあり)
・1年半後、裁判にて解決
[弁護士費用の目安]100万円

競売申立て(債務名義あり)
・すでに債務名義がある場合の不動産強制執行
[弁護士費用の目安]30万円前後

競売申立て(債務名義なし)
・弊所にて確定判決を獲得した後の強制執行
[弁護士費用の目安](裁判での費用と別に)20万円前後

会社法に関する弁護士費用例

株主総会アドバイス・出席
・小規模の同族会社で、役員解任を議題とした臨時株主総会関係書類の作成手続のアドバイス
・株主総会に出席
[弁護士費用の目安]20万円前後

取締役会アドバイス・出席
・事業譲渡に関する承認を議題とした取締役会の書類の作成・手続のアドバイス
・取締役会に出席
[弁護士費用の目安]15万円前後

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

費用


セカンド顧問

対応地域一覧

福岡地域
福岡市(東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川町、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町、東峰村

北九州地域
北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区)、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

筑後地域
大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町

筑豊地域
直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町

※上記以外の地域の企業様もお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP