家族手当、皆勤手当を導入している会社必読。注目最高裁判決解説

6月1日に最高裁判決が出たのは、長澤運輸事件とハマキョウレックス事件という2つの事件です。

今回問題になった点は、「有期契約労働者と正社員(無期契約労働者)の格差の適法性」です。

正社員には〇〇手当があるのに、非正規社員には〇〇手当がない。

これって不合理な格差では?というような問題です。

ここでは詳細に述べませんが、結論としては、長澤運輸事件でもハマキョウレックス事件でも、皆勤手当についての格差は不合理な格差であると判断されました

勤務内容等が同様の場合には、皆勤手当の格差自体は違法となる可能性が高いでしょう(勤務内容が同様の場合、格差を設ける合理的な理由は見出しづらいと思われます。)。

また、長澤運輸事件では家族手当についての格差は不合理な格差とはいえないとされました

長澤運輸事件で正社員だけ家族手当が支給される理由は、正社員は非正規社員と異なり、幅広い世代の労働者が存在し、そのような正社員に住宅費及び家族を扶養するための生活費を補助するためです。

ただ、これで他の企業も家族手当の格差は問題ないと考えるのは危険です。

一般的な企業にこれは当てはまるでしょうか?

今回長澤運輸事件の非正規社員は定年退職後の再雇用の場合であり、定年後再雇用ではなく非正規社員も幅広い世代の労働者が存在する場合にはその理由は通りづらいでしょう(※一般的に家族手当は正社員には転勤等があることを理由に支給されます。)。

まずこの記事を読んだ皆様は、手当の内容を再確認してください

そして、その手当が正社員にはあって契約社員にはない場合、その理由を説明できるかを考えてみてください

「正社員だから」以外の説明がうまくできない場合などは、どなたかにご相談されることをおすすめします。

今回の長澤運輸事件、ハマキョウレックス事件自体は、内容に批判もあり、手当の格差を杓子定規に判断するのは危険です。

そして、今回の最高裁判決では、個別の手当ごとに不合理かどうかが判断されており、問題となるハードルは下がっています。

今回の事件が自社の賃金規定の見直しのきっかけになればと思います。

ニュースレター紹介 No.19

◇ピックアップLAW NEWS 「気付かぬうちに違法行為!?―自社製品の名称やロゴ、商標権の侵害になっていませんか―」

「商標権」なんとなくわかるが、実際どういう権利かはわからない。

そういう方も多いのではないでしょうか。

商標とは、商標権の侵害になる場合とはどのようなものか、解説します。

◇民泊新法が施行されました

今年6月15日、民泊新法が施行されました。

新法施行以前に「民泊代行業者」と呼ばれていた業者は、新法では「住宅宿泊管理業者」と呼ばれて規制の対象となります。

民泊新法施行で何が変わるのか、解説します。

◇従業員が起こした交通事故の責任を会社が負うのはどのようなとき?

自動車を保有し営業等で使う会社も多いと思われます。

従業員が事故を起こし、会社がその責任を負う場合があります。事前に確認しておきましょう。

◇たくみ法律事務所のバーベキュー

たくみ事務所のメンバーでバーベキューを開催しました。

是非御覧ください。

ニュースレターを読む

数字の伝え方

ありがたい話ですが、最近セミナー、講演等で講師を依頼される機会が増えてきました。

7月13日にも上記で書いた長澤運輸事件等を含めた労務問題についての講師をさせていただきます。

毎回毎回講師をするたびにもっとこうすれば伝わったのではないか等反省させられる機会も多いのですが、「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」(日経BP社)という書籍は参考にさせられます。

その中に「数字をドレスアップする」という話があります。

2001年にiPodが発売されましたが、iPodは当時容量が5ギガバイトでした。

これをうまく音楽ファンに伝える必要がありました。

しかし、5ギガバイトと聞いても当時の音楽ファンはピンときません。

そこで、appleは、iPodがポケットに入るほど小さいことと組み合わせて、スローガンを「1000曲をポケットに」としました。

数字はただそのとおりに伝えても力を発揮しない場面が多くあります。

このような数字の伝え方一つとっても工夫があるなと思えば、セミナーでの講師も見直す点が多いなと日々感じるところです。

プレゼンなど人前で話す機会の多い方はぜひご一読を。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約